ファッション

おじさんが履く春夏におすすめのオシャレ靴は何??カスタニエールのエスパドリーユ、スェード素材がちょうど良い!

投稿日:

おじさんになってくるとオシャレなアイテムも変わってきます。

20代、30代とスニーカーばかり履いていた人も、段々と顔も体もおじさんらしくなってきて、なんだかスニーカーのカジュアルさがアンマッチになってきます。

簡単に言うと、何だかよくわからない格好でとにかくダサい。

サーファーだったりのスポーツマンであるか、何かしらキャラがはっきりしていて履いているスニーカーであればおじさんでもカッコよく履けている人はいますが、おじさんになればなるほどに大多数がダサいスニーカースタイルになっている。

世間を見渡すと、おじさんでカッコよくスニーカーを履きこなしている人も少ないことに気が付く。

履いている人は多いけれど、かっこいいと思える人が少ない。

また、おじさんが履く靴として、スニーカーの対局で、カジュアルな場面でもオシャレ感度の高さをアピールするようなレザーシューズを履いている人も見かける。

これまた、カッコつけすぎで、気張っていて何だかダサい人が多い。

では何を履いたら、ちょうど良くオシャレに見えるの?って考えたとき、春夏シーズンであればエスパドリーユ がおすすめ。

朝で出来た普通の靴っぽいサンダル的なやつです。

裸足で気軽に履けて、更にはスニーカーでも、ビーチサンダルでもないので、オシャレ感がちょうど良くある。

特にスエード素材にすると、大人オシャレ感が更に増します。

エスパドリーユ はもちろん若者でもオシャレに履けますし、おじさんが履いても決して若作りで頑張っている感も出過ぎないでちょうど良いです。

そのエスパドリーユ の中でおすすめブランドが、カスタニエール 。

スペインの有名なブランドです。

一応、そこそこの年齢になれば、ちゃんとしたブランド、ちゃんとした品質のものを身につけた方が安定感が良いです。

高価でなくても良いので、ちゃんとした品質のもの。

こう考えて全体のバランスを考えるとカスタニエール のエスパドリーユ、素材はスエード、これがとってもおすすめ。

一点気になるのがお値段。

カスタニエール はそこそこのブランドなので、正規店舗で買うと3万円とかしちゃいます。

これではオシャレでも気軽に履けないなと思いますが、ネットで探すと15,000円くらいで見つかりますので、これまたネット買いがおすすめ。

キャンバス地であれば10,000円ちょいでカスタニエール のエスパドリーユ が買えます。

おじさんが春夏シーズンに日頃カジュアルに履く靴としておすすめなエスパドリーユ です。

箱もこんなオシャレ。

箱を開けるとこんな感じ。

靴の裏はおっきなブランドロゴです。

一点注意はスニーカーほど耐久性がある訳ではないので、運動するときはちゃんとスニーカーを履きましょう。

気軽で快適に履けすぎて、この靴でスケボーをやっていたらアッパーのつなぎ目が破れていました。。。失敗談。

-ファッション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ビジネス用でブルックスブラザーズのウールソックス。今回はチャコールグレー。

お仕事用の靴下をブルックスブラザーズで買いました。 素材はコットンタイプとウールブレンドタイプをどちらも試した結果、今使っているのはウールブレンドタイプ。 ちょっとだけコットンよりもお値段は高いですが …

クリーニングをハイクラスにして大切に使う。お気に入りのブルックスブラザーズパーソナルオーダースーツ。メンテナンスも大人の身だしなみ。

ブルックスブラザーズ、パーソナルオーダーのスーツを着初めて早2年。 5万円程度の予算から、一気に10万円のスーツです。 高いなぁ、手が出ないなぁ、って思っていましたがランクを上げただけの価値はありまし …

ブルックスブラザーズのメンズスーツって評価、評判はどう?使用した感想はくたびれずに高級感が長続きしておすすめ!ビジネススーツとしての安心感、安定感は間違いなし!!

ブルックスブラザーズのビジネススーツって実際どうなの?? 昔はやったけど今更って感じ?? ちょっと気になるけど、1着10万円くらいしてお値段が高いし、買って着てみようかどうしようかな?って迷っている人 …

普通のサラリーマンがブルックスブラザーズのパーソナルオーダースーツを着る。格好から入る事も大切でした。

そんなに高給取りでもない、普通の会社員、普通のサラリーマンがブルックスブラザーズのパーソナルオーダースーツを着てみました。 高いよ、1着で10万円超えるもん。 ラーメンのつゆが飛んだり、激しく動いて破 …

革製品で一番のおすすめ店は大峡製鞄(おおばせいほう)!!初カバンはスリムオーバーナイト(黒色のサンタクローチェ・ヌーヴォ)、二つ目はソフト・ビジネス(黒色のジャーマン・シュリンク)、長年使ってみても間違い無しで大満足!

30歳頃から日本製の革製品にハマる時期がありました。 日本製で優良なお店は多々あって、その中でも最終的に辿り着いたのが大峡製鞄。気に入った理由はブランドロゴが入っておらず、圧倒的な上質感なのにブランド …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細