ファッション

普通のサラリーマンがブルックスブラザーズのパーソナルオーダースーツを着る。格好から入る事も大切でした。

投稿日:

そんなに高給取りでもない、普通の会社員、普通のサラリーマンがブルックスブラザーズのパーソナルオーダースーツを着てみました。

高いよ、1着で10万円超えるもん。

ラーメンのつゆが飛んだり、激しく動いて破れたりしたらどうしよう、って気になっちゃいますよね。

それにそんな高い給料をもらっている訳でも無いし、仕事でしか着ないスーツだし、スーツ購入の補助金が出る訳でも無いし、出来る事ならスーツ代は安く抑えたい。

そう思うのが普通、というか大多数では無いでしょうか?

少なくとも自分はずーっとそういう感覚でした。

スーツは作業着、消耗品、だから出来るだけお安く済ませたい、でもそこそこの立場になってきたら、それなりに格好も付けないといけないので、セールに駆け込んでお買い得品を探し回る、とか、アウトレット行ってお買い得品が無いかを探し回る。

こんな行動パターンも多いのでは無いでしょうか?

五大陸のスーツが40%オフ!!

しかも着れるサイズがあるなんてラッキー!とか。

金額が中心で、その中で出来るだけ自分にマッチしたものを探す。

自分が中心では無くて、金額が中心。

その金額で収まる中のラインナップが、自分の選ぶ選択範囲。

その中で、サイズが合うかな?気に入った色柄があるかな?って考える。

この発想自体が、自分の成長を止めていました。

気がつかなかったぁ、ホント全く気が付かなかった。

自分の気持ち的に決めた金額の範囲内で選んだスーツを着ている自分の愚かさに。。

なんか違うんですよね、本当にカッコ良いビジネスマンと自分。

仕事も頑張っているし、スーツもそれなりのものを着ていると思っていたのに、なんか違うんです。

この違いに気付かせてくれたのが、ブルックスブラザーズのパーソナルオーダースーツ。

別の記事でも何度か書いていますが、自分の尊敬する上司、上司というかもっと遥か上の偉い方、そんな方々と会食をさせて頂いた時に、ふと聞くアラフォーあたりで良く着ていたスーツ。

それが、ブルックスブラザーズなんです。

これも偶然なのか、全く別の方から同じ話を複数回聞いたことがあるのです。

これは偶然では無くて、何かあるなと思いました。

何で、この人も、あの人も、一時期ブルックスブラザーズのスーツばかり着ていたのだろう?って興味関心かどんどん膨らんで来ました。

皆さん懐かしむように、何でもかんでもブルックスブラザーズを着ていた時期があったなぁ、なんて言うんです。

気になったら、やってみないと気が済まない性分なので、思い切って作ってみよう!と初めてブルックスブラザーズのパーソナルオーダースーツを作りました。

2週間くらいで出来上がって、着てみると、何とも今まで感じたことの無いような、しっくり感と高級感。

もちろんブルックスブラザーズよりももっと高級なスーツはたくさんあると思いますが、1着5万円くらいまでと決めて買っていたスーツと比較すると、圧倒的に高級な雰囲気です。

生地と仕立てのしっかりした感じが素人でも感じられます。

それに、自分で10万円ちょい出したって言う意識も加味されて、自己満込みですが、今まで感じていなかった高級感に身も心も包まれました。

それに、オーダーで作ったことで、初めて自分の体型にピッタリ合ったスーツを着ました。

服はどれでもそうですが、スーツは特にサイズ感が重要なんだと良く分かりました。

肩幅から着丈、袖丈全てが自分にピッタリ。

ピッタリと体に合ったスーツなだけで格好が決まる。

何で、値段を中心に考えて、二の次にサイズを探していたんだろう、既製品しか頭になかったんだろうと、過去の自分を反省しました。

今時、お値段そこそこでもオーダーで作れますので、基本はオーダーがマストです。

ブルックスブラザーズのパーソナルオーダーは基本モデルに沿ったオーダーとなりますが、その基本の形が既に、ビジネスマンとして信頼されるしっかりしたシルエットになっています。

一回着てしまうと、この10万円ちょいは単なる消耗品としての消費では無くて、自分の成長に向けた投資なんだと気が付くことが出来ました。

この価値観の違いが、ビジネスマンとして、今後の更なる成長があるかどうかを分けるポイントなんだと感じました。

自分のお金をどれだけ使うか、自分にどれだけ残るか、そんな小さな、目先の話、価値観では無く、日頃会う人への配慮・敬意としてちゃんと信頼されるべく装いをする。

そんな価値観がとても大切なこと。

それに、スーツは男性の戦闘服。

良いスーツは、自分を強くしてくれます。

これは間違い無いです、自分の気に入った色、形、サイズ、そして相手からも幅広く信頼感を集めるシルエット、生地感、全体の雰囲気、これを自分自身で感じることで、いつもよりも、もっともっと自分に自信を持って1日を過ごすことが出来ます。

服は単なる消耗品ではありません、必ず元が取れる投資となるものもあるです。

着用している時間ずっとこう感じられるので、時間を大切にした価値観でもあると思いました。

ちょっとした立ち振る舞いや、行動が変わってきます。

このスーツに見合った自分になろうとする意識が働くようです。

一回これを知ってしまったら、スーツを着るビジネスマンである限りは、この部分を大切にし続けると思います。

その方が実はお得だと知ってしまったので。

目の前のお金はたくさん使いますが、将来的にはもっと大きなリターンが見込めるはずです、むしろそうならなくてはいけないと、より強く思うきっかけにもなります。

こんな大切な価値観に気付かさせてくれるきっかけが、ブルックスブラザーズなのかも知れません。

とっくの昔にこの価値観に気づいた人は、既にブルックスブラザーズを卒業して、違うスーツを着用している人も多いと思いますが、多くの方が一回通っているようです。

なりたい自分に近い、人生の先輩が良いと思っていたことをやってみると気が付くことがたくさんあります。

格好から入るって悪く無いです、むしろ格好から入ることは、なりたい自分へのショートカットになるのでは無いかと思いました。

普通のサラリーマンにはちょっとお高いですが、是非一度、ブルックスブラザーズで、気に入った色、柄、シルエットでオーダーしてみることをおすすめします。

そしてなりたい自分へのショートカットコースを歩いていければ十分お得な投資です。

-ファッション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アラフォーでよく着ているメンズ服『ブルックスブラザーズ』『セオリー』『ロンハーマン』etc.。おじさんは何を着たらいいの!?

10代の頃はファッションが好きで将来ファッション関係の仕事をしたいと思っていましたが、今は全くファッション関係の仕事ではありませんし、自分自身かなりファッションには疎くなっています。 結婚して、子供が …

ポイポイおじさん。気分が上がらない服はポイポイ捨てます。時間が勿体無い。

特に洋服に関してですが、ここ数年でポイポイよく捨てています。 捨てる基準は、気分が上がるかどうか。 現代人なので、洋服は恥ずかしい部分を隠す目的だけでもありませんし、暑さ寒さをしのぐだけでもありません …

ブルックスブラザーズはビジネス用でやっぱり安定安心、基本の1本はミディアムグレースラックス。細部にこだわるならやっぱりパーソナルオーダー!

春夏用のスラックスとして作りました、お仕事用のスラックス。 夏にジャケット無しで履いても良いし、春秋にブレザーなどジャケットを合わせても良いし、個性より万能なタイプをチョイス。 色々既製品のスーツであ …

no image

ブルックスクールの着心地。

ようやく関東も梅雨明けしました。 例年よりも1ヶ月くらい長かったようです。 梅雨明けしたら連日30度越えの毎日。 春先早々に仕立てたブルックスクールのスーツが真価を発揮する季節にやっとなりました。 真 …

セオリーの短パン。とっても着心地が良いですが、洗濯し過ぎると色褪せが早いです。

セオリーの短パン。 麻ストレッチのちょっとキレイ目なタイプ、それと写真のようなスウェット的でスポーティなタイプ、大きくはこの2パターンが今の所、毎年の定番です。 流石のセオリー、どちらもとっても快適で …

翻訳

お父さんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細