MENU
ぎぶ
4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年夫婦らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

ユニクロのサイズで失敗!中年以降のファッションはサイズ感が一番大切。

いつもより太った時、ニットのパツパツ感が嫌だなぁと思って買ったユニクロのニット。

いつもMサイズなのにXLを買い増した。

初めはざっくりニットで下に着込んでも違和感ないし、快適だなぁと思っていました。

、、、が、やっぱり中年以降はジャストサイズが一番良い。

あっという間にユニクロのニットはのびのびになって、結局はだらしないだけのおじさんファッション。

ジャストサイズの洋服を着て、そのジャストサイズの洋服がカッコ良く着ることが出来るように体型を整える、維持する。

結局はそう言うことです。

中年以降は特に洋服の着こなしは騙せません。

スーツ、ジャケット、カジュアルな洋服、どれもおじさんになったら体型に合った、小さ過ぎず、大き過ぎないものを身に付けた方が良いと言う結論です。

もしゆったり目の洋服を着たいのであれば、そもそもゆったり目に着るように作られた洋服を選ぶことがとても大切です。

例えば、中肉中背の方がユニクロで洋服を選ぶ場合、普通にMサイズがベスト。

中背でも筋トレして少しマッチョな方はLサイズがベスト、そんな感じ。

そもそもの作り、作り手のコンセプトを理解して洋服を選ぶことがアンマッチにならないポイント。

H&Mだととても分かりやすいのですが、同じMサイズでも、「フィット」というスタイルが違います。

スリムフィット、レギュラーフィット、リラックスフィット、オーバーサイズフィットと同じMサイズなのに作りのゆったりさが違います。

自分よりも体が大きい人用の洋服を選ぶのではなく、自分の体にどのくらいのゆったり加減の洋服を着たいかで選ぶことがとても大切。

なので、自分の体型維持がオシャレの最重要ポイントであることを前提として、あとは自分のサイズ感でフィットをちゃんと選ぶことでゆったりした洋服もしっくりきやすいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

コメント

コメントする

目次