ファッション

ユニクロの普通のエアリズム。メッシュ、シームレス、普通の3種類。普通バージョンは薄くてしなやかで気持ちいい。でもワイシャツ着た時に首回りのラインが良く透けます。

投稿日:

秋冬のワイシャツのインナーはユニクロのヒートテック。

そろそろ暑くなったので、今年は初めてエアリズムを買ってみました。

いつも仕事着の肌着は綿100%に拘っていましたが、汗の渇きやら雨の日の洗濯での乾き易さやら、総合的に見ると実は化学繊維の方が快適だったりします。

肌触りも綿に負けておらず、むしろ化学繊維の方が気持ちいいくらいです。

昨年の秋からユニクロのヒートテックをインナーにして、そう思いました。

その流れで気になっていたエアリズムをユニクロに買いに行ったところ、3種類ありました。

通気性2倍のメッシュタイプ、首回りのラインが気にならないシームレスタイプ、そして今回買った普通タイプ。

広げてみるとこんな感じです。

シルクのように滑らかで、着用感はとても薄手で気持ちいいです。

お値段は1枚1,000円くらい。

取り敢えず平日着回せるように3枚同じ物を買いました。

秋冬にヒートテックをインナーで毎日来て思いましたが、綿よりも化学繊維の方がやっぱり耐久性が高いです。

最小限の枚数でガンガン着て、ドンドン洗濯してもなかなかヨレません。

ただ1点気になるとすると、今回買ったエアリズムは生地が薄くて滑らか過ぎるのか、上にワイシャツを着た時に首回りのラインがヒートテックの時よりも透けて見えてしまう気がします。

本体部分と首回り部分の生地の厚さの違いが透け感の強弱に影響するのかも知れません。

特別変な感じで気にならない人は大丈夫ですが、これが気になる人のためにシームレスタイプがあって、色も肌色があるんだなと分かりました。

シームレスタイプは首回りのが切りっぱなしになっており、見た目的にも耐久性的にもちょっと心配だったので今回はやめましたが、またの機会に試してみても良さそうだと感じました。

流石のユニクロです、お値段安いのにクオリティが高いし、色んな人のニーズを満たす商品ラインナップがあります。

お仕事着のインナーは綿から化学繊維に変えて快適です。

-ファッション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

シンプルライフの深化、仕事着のスーツもプライベートの私服も過去最高に必要最小限生活になりました。意外と不自由が全くありません。そんな時にセオリー(Theory)が良質、シンプルで便利。

コスモポリタンになりたいと思ってから、ミニマムな所有の生活が深化しています。 今まででも十分に断捨離、ミニマムな生活が出来ていたと思いますが、コスモポリタンになりたいと思ってから、そもそもなりたい自分 …

普通のサラリーマンがブルックスブラザーズのパーソナルオーダースーツを着る。格好から入る事も大切でした。

そんなに高給取りでもない、普通の会社員、普通のサラリーマンがブルックスブラザーズのパーソナルオーダースーツを着てみました。 高いよ、1着で10万円超えるもん。 ラーメンのつゆが飛んだり、激しく動いて破 …

Theory(MEN)セオリー(メンズ)のシンプルなプルオーバーニット(Highland Gaston J )ライトベージュをテラスモール湘南店で買いました!軽くて暖かい!!けど最初はたくさん毛が付きます。あとサイズ感で印象も違います。

セオリーのシンプルなプルオーバーニット(Highland Gaston J )をテラスモール湘南店で買いました。 上質なセーターが欲しいなぁと思いつつも、セーターって高いので毎年なかなか手が出ませんで …

ユニクロメンズセーターのサイズ感。

ユニクロでセーターをゲット。 いろんなサイズを試着しました。 これはセーター全般に言えることですが、いつもMサイズを着ているからってそのままセーターもMサイズを買うと、結構ピッタピタです。 おじさんだ …

革製品で一番のおすすめ店は大峡製鞄(おおばせいほう)!!初カバンはスリムオーバーナイト(黒色のサンタクローチェ・ヌーヴォ)、二つ目はソフト・ビジネス(黒色のジャーマン・シュリンク)、長年使ってみても間違い無しで大満足!

30歳頃から日本製の革製品にハマる時期がありました。 日本製で優良なお店は多々あって、その中でも最終的に辿り着いたのが大峡製鞄。気に入った理由はブランドロゴが入っておらず、圧倒的な上質感なのにブランド …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細