ファッション

セオリーの強ストレッチカットソーがやっぱり快適。アラフォーには白、黒、紺の展開で色もちょうど良いです。重ね着も◎、リュックを背負うのは毛羽立ち注意。

投稿日:

セオリー定番の強ストレッチカットソーがとても快適で、半袖に長袖に年がら年中着ています。

冬はニットの下に長袖と半袖を重ね着、秋は長袖と半袖を重ね着、寒い時はジャケットを羽織る。

春も秋と同じか、長袖一枚、または半袖の色違いを重ね着して、寒い時にジャケットを羽織る。

夏でまだ朝晩が涼しい時は半袖2枚の重ね着、暑くなったら半袖1枚だけ。

このカットソーを持っていれば一年中快適に過ごせます。

唯一厳しい時期が、真夏。

しっかり肉厚の生地で、伸縮性が抜群で快適ですが、その分通気性はありません。

なので真夏はとにかく暑いです。

黒なんて着たら、熱を吸収して、そのまま熱を溜め込んでアツアツです。

それ以外は快適な事しかありません。

あと、気を付けなくてはいけない事としては、リュックなど、素材の一部が強く擦れる事。

擦れると、その部分だけ毛羽立ちます。

アウトドア用の肩にかける部分が滑りにくくなっているものほど、毛羽立ちます。

コロンビアのリュックをカットソーをアウターにして直接背負っていたら、こんな感じになってきてしまいました。

大切に着るのなら、リュックやショルダーなど、カットソーに直接ヒモが当たるカバンは避けた方がきれいに長持ちします。

アラフォーになって、歳を重ねるごとに洋服の色もシンプルな方がしっくりくるような気がしてきています。

そもそもこのカットソーはメンズの場合、白、黒、紺しかありません。

昔はもっといろんな色があったら良いのになぁ、と思っていましたが、今となってはこの3色展開で十分だと思っています。

レディースは白と黒のみ。

結局は最強インナーの色はこんなもんで十分ですし、シンプルな色の方が他の合わせる洋服が引き立ってむしろ白と黒だけが良いのかも知れません。

重ね着をしてもシンプルで良い感じです。

ただ、体のラインがしっかりと出てしまいますので、着こなすには引き締まった体型維持がマストです。

ポヨポヨボディーだと痛々しくなりがちです。

体型維持したいと思える点もこのカットソーを着ているメリットだと思います。

なんかしっくり着れないと思ったら、早めに生活習慣を整えて、エクササイズ。

健康にも良いです。

こんなに年がら年中着れるならそんなにお高くは無いと思います。

半袖1万円、長袖1万6千円です。

この使用頻度と使用年数ならコスパはかなり良いです。

ボロボロになったら、部屋着や寝間着としても快適で長年活躍出来る洋服です。

素材はかなりしっかりしているの安心してガンガン着られます。

セオリー定番の強ストレッチカットソー、メンズもとても快適でオススメです。

-ファッション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

麻布テーラーのオーダーシャツを実際作ってみました!フェアファックス、ブルックスブラザーズなどと比較してどう??

ビジネススーツに合わせるワイシャツを麻布テーラーで作ってみました。 20代の頃は丸井あたりでよく仕事用のワイシャツを買っていましたが、30代になってからは年齢や仕事の立場も考えて少しランクアップしよう …

レッドフリースのセットアップ。カジュアル過ぎず、ちょっとビジネス感が内勤でも仕事用にもちょうどいい。ブルックスブラザーズのカジュアルライン。

ブルックスブラザーズのカジュアルライン、レッドフリース。 結構カジュアルなアイテムが多いですが、セットアップ出来れば仕事用にも使えます。 カジュアルな雰囲気が強めなので、フォーマルな仕事の場には適して …

ユニクロのエアリズム。シームレス半袖Vネックシャツの色が紛らわしい。

仕事用ワイシャツのインナーとして気になっていた、ユニクロのエアリズムのシームレス半袖Vネックシャツ。 いつも仕事用のインナーシャツは白にしているので、今回も色は白にしようと思って買いました。 …が、帰 …

レザーソールリキッドをリーガルの店舗で買いました。革底のビジネスシューズの持ちをよくするには必須アイテムです。

何も知らずにちょっと背伸びをして、革底のビジネスシューズを初めて履いて、あっという間に靴底がすり減って無くなった経験があります。 革底が乾いている状態で歩き回ったら、削れちゃうなんて全く知らなかったの …

ブルックスブラザーズのビジネスシューズは東京駅の大丸で売っているらしい、試し履きしたい。そろそろリーガルも卒業かな。

長年、ビジネスシューズはリーガルを履いていました。 何でリーガルかというと、リーガルの株主優待券を毎年もらっていたからです。 毎年15,000円分の株主優待券。 これにちょっと足して、新しい靴を買った …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細