MENU
ぎぶ
4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年夫婦らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

40代の洋服を捨てるタイミングはいつ?簡単な判断基準。

年々コスパが良くなっている洋服。

ユニクロを筆頭に、お手頃価格で買った洋服が何年も長く着られるくらいにクオリティが上がっています。

更には流行を追い求めなくなって、自分のスタイルが確立されたり、ファッションに疎くなる40代以降となると、尚更いつ洋服を捨てたら良いか分からなくなることも多い。

そんな洋服をいつ捨てたら良いか分からない時、私が決めているシンプルなルールは『気分が乗るか乗らないか』だけです。

この判断基準のポイントは『洋服=物』ではなくて、『洋服=時間』と認識すること。

洋服を単純に物としてしか考えないと、まだ使える、もったいないと思ってしまいます。

それはそれでダメではありません。

でも、洋服を違った目線で見ると、その洋服を着て過ごす時間が楽しくなるか、それともつまらないものになるかとも考えられます。

人生=時間です。

そう考えると今しか着れないファッションがあったり、今着てみたいファッションがあれば、その気持ちを我慢しては人生が勿体ないという観点もあります。

40代を過ぎてきたら人生も後半戦、なんか気分が乗らないなぁと思いながら、勿体ないと思って着る洋服で過ごす時間が勿体ないのかも知れません。

当然お金の問題もありますが、自分の気に入った洋服を着ることで、自分にもっと自信が持てて、より多くのお金を稼げることもあります。

また、毎日お気に入りの洋服を着ることでストレスが減り、ストレス発散の出費が減ることもあります。

ここで1点注意するべきことは、『見栄』。

『見栄=他人との比較』。

他人との比較で優越感に浸りたくて選んだ洋服は経験的に高くつく割に、メリットが少なかったです。

40代になって洋服が捨てるタイミングが分からなくなったら、迷わずに『気分が乗るか乗らないか』だけでシンプルな気持ちで判断すると気持ちとクローゼットがスッキリします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

目次
閉じる