MENU
ぎぶ
4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年夫婦らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

同サイズでも少し違うH&Mのシャツ!要チェックポイント。

H&Mでボタンダウンのシャツを2着同時に買いました。

着用して気がついたことが、同じレギュラーフィットで同じSサイズを買ったはずなのに着用感が違うこと。

2着のうち1着はセール品で1,000円弱で買った、ベージュのボタンダウンシャツ。

サイズはレギュラーフィットのSサイズで間違いなし。

もう1着は定価2,500円くらいで買った、ライトブルーのボタンダウンシャツ。

こちらも間違いなくレギュラーフィットのSサイズ。

H&Mのアイテムは同じサイズでも、スリムフィット・レギュラーフィット・オーバーサイズフィットなど色々な種類があります。

フィットの種類も多いので、商品を選ぶ際にS・M・Lなどのサイズだけではなく、どのフィットが自分の好みかをしっかり確認したほうが失敗しにくいです。

今回、私が買った2種類のボタンダウンシャツの正面はこんな感じ。

先ずはセールで買ったベージュのボタンダウンシャツ。

とっても細かいですが、一番下のボタンまで全て同じようにボタンホールが真っ直ぐになっています。

このシャツと比較して、定価で買ったライトブルーのボタンダウンシャツはこんな感じ。

こちらは一番下のボタンホールが横になっています。

ボタンホール以外にも写真では分かりにくいですが、ベージュの方が細身の着用感で、ライトブルーの方が着幅はゆったりした作りになっていました。

他にも、袖口や裾も若干作りが違います。

正面から見た部分だけではなく、後ろ側もちょっと違います。

ベージュはこちら。

背中の上部に絞りが入っており、輪っかがついています。

ライトブルーはこちら。

ライトブルーには背中の絞りが全く入っていません。(写真の両サイド折り目に見える部分はシワが寄っているだけ)

あとは細かい部分ですが、生地の肌触りも少し違いました。

ベージュの方が荒い感触、ライトブルーの方が滑らかな生地の感触です。

H&Mのシャツは定価で買っても2,500円程度、セールで買えば1,000円程度とお安いので、細かいことを気にしないで気軽に買える点はとっても便利です。

でも、意外とディテールが異なるので、お安いけれどもっと自分の好みに合ったものを選ぶこだわりがあっても、洋服選びが楽しいかも知れません。

私がH&Mで洋服を買う時の選ぶポイントと順番がこんな感じにしています。

  1. カテゴリを決める(今回はボタンダウンシャツ)
  2. 同カテゴリのフィットを決める(今回はレギュラーフィット)
  3. 同カテゴリ+同フィットのサイズを決める(今回はSサイズ)
  4. 同カテゴリ+同フィット+同サイズのディテールを比較する

洋服にこだわる方、ちょっとした部分にも好みがある方は、H&Mでもちょっとディテール比較をしてみるとより好みに近いアイテムが見つかり易いと思います。

国内最大級の靴下専門オンラインストア〜Tabio

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年夫婦らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

目次
閉じる