スポンサーリンク

食品添加物の影響??ジャンクフードで風邪を引きやすい体質になる!?激安加工肉NG!免疫力低下で慢性鼻炎、喘息、微熱etc.

スポンサーリンク
趣味
スポンサーリンク

季節の変わり目やちょっとハードなスケジュールを過ごした後、直ぐに風邪っぽくなったりすることありませんか?

自分は元々風邪を引きやすいタイプで、慢性鼻炎、喘息持ち、直ぐに微熱が出るような日々でした。

そんな自分も生活習慣を変えて、体調を崩すことがほとんど無くなりました。

睡眠、食事、運動とバランス良く生活習慣を変えて良くなったようなのですが、その中でも食事の影響も大きいと感じています。

特に食品添加物がたっぷり入っているようなジャンクフードを食べる生活を過ごしてしまうと直ぐに風邪を引きやすい体質に戻ってしまいます。

何度も繰り返し試してみたので結構影響があると思います。

ファストフードやファミリーレストラン、牛丼屋さんなど、とにかく安く簡単に食べられるような食事は結局高くつきます。

そして、気をつける食事は外食ばかりではありません。

自宅で食べる食材も気をつけた方が良いです。

加工肉や惣菜、何でも安いには訳があります。

食品添加物は目に見えないのでそこまで気にしない人も多いですが、極端に安い食材は本当にやめたほうが良いと思います。

実体験として、激安スーパーや業務用のお店で安く大量に入っている食材を食べてしまうと、直ぐに体調を崩しました。

それも1回や2回では無くて、何回も同じような結果になっています。

だからと言って、食品添加物に対して神経質になり過ぎる必要はないとは思いますが、気を付ける意識はあった方が日々の健康が維持しやすくなります。

個人的な体調を崩す崩さないの影響度合いを振り返ると、食品添加物を口に入れた量が大きく影響していると思います。

ファストフード店やファミリーレストランでドカ食いをしてしまったり、業務用スーパーで買ったような激安加工肉をたらふく食べてしまった翌日、翌々日くらいには体調を崩す傾向が強いです。

食品添加物を全く食べてはいけないという訳では無くて、量を摂取すると影響が出やすいのだと感じています。

たまにコンビニのサンドイッチや惣菜パンを多少食べていても、直ぐには体調を崩すことは少なかったのですが、1回ジャンクフードをドカ食いしたら1発で体調を崩すことが多くありました。

食品添加物による自身の免疫力低下影響はかなり大きいのだと思います。

慢性鼻炎、喘息、微熱、体調を崩しやすい体質だと思ったら、自分の食生活を振り返ってみて下さい。

余計なものをたくさん食べる生活習慣になっているかも知れません。

極端に安価な外食、スーパーの食材は想像以上に免疫力を落とすので気を付けた方が良いです。

食品添加物の口に入れる量がポイント。

調味料などちょっとの量から気を付けることも大切ですが、加工肉やインスタントフードなど食品添加物の量がたくさん入っているものを食べないだけでも大きくダメージを減らすことが出来ます。

食品添加物の摂取量を減らして、自分の免疫力を高く維持、そして季節の変わり目もちょっとハードな日々も体調を崩さずに健康な毎日を過ごしましょう。

食品添加物は本当に怖いと思いました。

趣味
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぎぶをフォローする
スポンサーリンク
"Give" blog(ぎぶログ)
タイトルとURLをコピーしました