健康管理

食事回数と体重の関係性、半断食習慣を1年以上やった結果!!

投稿日:

食事と体重の関係、たくさん食べれば太る、食べなければ痩せる。

とても当たり前のこと。

でも実際は最近はあんまり食べていないのに痩せないなぁとか、たくさん食べているのに意外と太らないなぁとかあります。

もちろん運動をしているしていないとか、病気や体調などの関係性もあります。

でも今回は単純に食事と体重の関係性だけで、他の要因要素は一旦無視でのことです。

ここ1年以上、1日1食の半断食を週に多い時は7回作ったり、少ない時は0回だったり、平均的には週2から3回はやる生活をしてみました。

そして体重を毎日測ってきたところ、先ずは回数。

人それぞれの体重増減は体格や体質によって異なると思いますが、身長170センチ前後、体重65キロ前後の場合、食事の回数で平均3キロくらいが変わりました。

1日3食の体重が65キロだとすると、1日2食にしたら62キロ、1日1食にしたら59キロと言う具合です。

食事の回数で3キロの変化がありました。

その食事の回数を維持していれば、大体その体重で落ち着きます。

1回の食事量は一切制限なしです。

1日1食の時も、しっかりドカ食いしていましたが、それでも体重が落ちました。

空腹時間と体重が関係するのだと思います。

食事の回数を減らす代わりに、食べる内容は栄養のバランスと中身をしっかり意識して食べていました。

極力、外食だけの1食は避けていました。

1食を減らして痩せようとすることもやりましたが、そんなに効果がありませんでしたし、継続も出来ませんでした。

結果として食事の回数をコントロールする方が結果も出ましたし、継続も楽でした。

歳を取れば取るほどに、食事の回数は少ない方が体調が良いとも感じた結果です。

40代ともなると、1日3食は必要ないのかなと。

1日2食を基本として、週に最低2日ほど1日1食の半断食を行うことがとてもちょうど良かったです。

健康を維持しながら、体型もキープするなら食事の回数をコントロールしてみることがおすすめです。

-健康管理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

飲酒2020年13回目、平日3連チャン。

今年はお酒をよく飲む。 飲む機会が多いし、飲むことが多くなると休みの日も飲みたくなる。 あっという間におデブになります。 どこかでセーブ、体型維持をして健康管理をしなくては。

no image

旅中もやっぱり飲み過ぎ注意。

旅の最終日、この旅初めてお酒を飲みました。 やっぱり飲み過ぎます。 飲み過ぎで頭痛です。 飲み過ぎ注意ですが、やっぱり旅は楽しいです。

飲酒2020年17回目、仕事のいきいき懇親会!

お仕事のみんなととっても偉い方々との社内懇親会。 参加者みんなの顔が生き生きとして楽しそうで、見ているこちらが楽しくなります。 良いお酒でした。 ありがたや。

ナチュラルローソンでチューチュー。

断食中、固形物の食事は、朝も昼もご遠慮。 そんなことで、お昼にウイダーinゼリーの類似商品を注入してみました。 昼食としての注入です。 断食で何も食べない方が良いのか、それともゼリーくらいでも腹に入れ …

やっぱり健康的な生活は早寝早起き。

仕事などの用事があるギリギリまで寝ている生活、用事に関係なく早起きをする生活。 どちらも試しましたが、結果は早起き習慣の方が心身ともに健康が保ち易い。 ただ、過度に早起きはストレスにもなるので無理のな …