スポンサーリンク

食べ過ぎは体力消耗!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

食べ過ぎはやっぱり体が疲れます。

一日の食べた量=内蔵の運動量。

一日一食にした日、二食食べた日、更にはその食事の食べた量で翌朝の体のコンディション回復が明らかに違います。

口に物を放り込むのはどれだけ内蔵が疲れるのかを理解しておいた方が体調管理に役立ちます。

例えば同じ夕食の一回を食べ過ぎたとしても、朝昼を食べているかいないかでも違いがあります。

今年試している感じだと、一日の食べた総量でコントロールは出来そうです。

あまり血糖値の上下は避けた方が良いのでしょうが、ダラダラ、チョイチョイ食べて一日の総量が多くなるくらいなら、一日一食にして総量を減らし、ガッツリ食べた感を味わった方が疲れにくいです。

食べてない時間が長い分、内蔵がしっかり休めて内蔵機能が回復して高まっているのだと思います。

食べ過ぎで疲れないように気を付けましょう!

①健康
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぎぶをフォローする
スポンサーリンク
"Give" blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました