MENU
ぎぶ
4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年夫婦らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

食べ過ぎは体力消耗!疲れにくいポイントはここだった。

食べ過ぎはやっぱり体が疲れます。

一日の食べた量=内蔵の運動量。

一日一食にした日、二食食べた日、更にはその食事の食べた量で翌朝の体のコンディション回復が明らかに違います。

口に物を放り込むのはどれだけ内蔵が疲れるのかを理解しておいた方が体調管理に役立ちます。

例えば同じ夕食の一回を食べ過ぎたとしても、朝昼を食べているかいないかでも違いがあります。

今年試している感じだと、一日の食べた総量でコントロールは出来そうです。

あまり血糖値の上下は避けた方が良いのでしょうが、ダラダラ、チョイチョイ食べて一日の総量が多くなるくらいなら、一日一食にして総量を減らし、ガッツリ食べた感を味わった方が疲れにくいです。

食べてない時間が長い分、内蔵をしっかり休めて内蔵機能が回復して高まっているのだと思います。

食べ過ぎで疲れないように気を付けましよう!

¥1,540 (2022/04/06 07:47時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年夫婦らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

コメント

コメントする

目次
閉じる