MENU

食べ過ぎないことが健康への第一歩、食事量は1日単位で考えればノンストレス🎵

健康的な食生活の第一歩は食べ過ぎないこと。

でも時にはお腹いっぱい食べたい時もあります。

いつも腹八分目でいられたら良いのですが、常に我慢をしてしまうと結局はチョイチョイおやつを食べてしまったり、ドカ食いを重ねてしまったりもあり得ます。

ストレスを感じるような食事量の制限は辛いので、食事量は1食単位で考えずに1日単位で考えることがおすすめ。

1日の食事量が3だとすると、1日1食で3食べる、または1日2食で1回1.5を食べる。

これと1日3食で1回1食べるのと同じ。

こうやって考えると自分に合った食生活、食事のリズムが作り易いと思います。

私は1回の食事をしっかり食べたいので基本は1日2食、たまに1日1食にしています。

食事の回数を減らすと結局はそこそこの量で満足した場合には1日の食料が1日3食普通の量で済ました時よりも大きく減ります。

1日単位で考えると食べ過ぎをノンストレスで抑えられた格好。

習慣化すると食事回数を減らすことに慣れてしまうので、細かいことは考え過ぎずに回数で1日の食事量を調整するのはとてもおすすめ。

食べることをちゃんと楽しみながら、食べ過ぎを予防する食事ルールを作って健康的な食生活にしましょう。

食事量を1日単位で考えると食べ過ぎ予防になり易いのでおすすめです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

お父さんとして4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のおじさん会社員。
小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。
目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人でありたい。

コメント

コメントする

目次
閉じる