自由

間違ったことを指摘する時も怒ったらダメ!伝え方は平常心を保つべき、怒り的に伝えて反省…。怒りは平和じゃない。

投稿日:2018年10月4日 更新日:

間違ったことに対して指摘することは必要。

子供や部下など人を教育する上で間違っていること、より良い対応・方法に気が付かせてあげることは必要。
ただ、その伝え方が問題。

自分の方が圧倒的に強い立場にいた場合、立場的なストッパーが効かず怒り的に伝えてしまうことってあると思います。
一般的に言うパワハラです。

そんな伝え方をして相手が気持ち良く理解出来る訳はありませんし、このような伝え方は伝染してしまいます。
平和を目指しているのに、平和を崩す雰囲気を発信してしまうのです。

平和好き、世界平和が目標と思っている自分が、このような伝え方をしてしまっていることがあります。
やってしまった後の自己嫌悪は半端無いです。

成長を期待する相手ほど、何か間違ったことがあった時に瞬間湯沸かし器のように怒りで伝えてしまう傾向。
こんなでは平和を目指すなんて言えたもんじゃ無い。

平常心を保って平和的に伝える。
『怒り』と言う感情をそのまま表現してしまうことは何も良いことは生み出さない。

厳しく伝えた方が良い場面はありますが、『怒り』と言う感情で伝える必要は全く無い。
緊張感や言葉のチョイスで相手に対して愛情と優しさを持って伝えるべきだと思う。

『怒り』は癖になり易いので十分に注意が必要です。
パワハラする人は自分がパワハラと気付かないそうです。

良い意味で相手に『期待』を持ち過ぎないことが解決のポイントでは無いかと思います。
『期待』が高過ぎるからその期待に応えてもらえない、または反したことをした時に『怒り』の感情が出てしまう。

だから『期待』を高くし過ぎないことも必要。
期待値を低く設定することで少しでも相手が良く出来た際には『褒めたい』と言う感情が出る。

相手も褒められたら嬉しいに決まっている。
全ては自己責任、相手に求め過ぎることは平和を壊すきっかけになるので今後も注意をしたいと思います。

-自由

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ファシリテーションを楽しむ。人と人とを繋げる仕掛けを作って、笑顔と笑顔を繋ぐ。研修、会議、ミーティング。

ファシリテーション。 ファシリテーションとは、会議やプロジェクトなどの集団活動がスムーズに進むように、また成果が上がるように支援することをいう。 ビジネス上で使われることが多く、単に仕事の成果を上げる …

頼りになるなぁ子供達。子供や後輩など年下に任せる力って大切。任せられないで自分でやるって信用されていないと感じちゃうんじゃ無いかな?

最近、年々子供達が頼りになります。 また、仕事では後輩達が頼りになります。 上の子達を頼るとすごく良く助けてくれます。 本当に助かる。 末っ子の面倒から、細々とした家事まで、良くやってくれる。 もちろ …

不動産投資ってどう?ほったらかし不動産投資ってホント!?サラリーマンオーナーの一例。

近年流行って、一般的になってきているサラリーマン大家さんの不動産投資。 本屋さんに行けば関連図書がたくさんあります。 こんなにニーズがあるんだなぁと思いつついろいろ読みました。 サラリーマン大家の不動 …

岡山駅前、後楽園口でのお買い物はイオンモールが便利!!

岡山駅って駅から歩いてすぐの場所に大っきなイオンがあります。 イオンモール。 地元もかたも利用する便利なモール。 ご当地感はありませんが、とっても大きなショッピングモールなので必要なものはほとんど揃い …

何事もやり切る!!好きなだけやってみる!シュウマイがたくさん食べたくなって、アホみたいにたくさんの焼売を食べました。『夢』が叶って大満足。

自宅で奥様が作ってくれるメニューの一つ『シューマイ』。 外で食べるよりもシンプルで美味しいんです。 でも育ち盛りの子供たちが四人となかなか自分に個数が回って来ないのです。 そこでふと思った自分の『夢』 …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細