断捨離

選択肢を捨てる。

投稿日:

断捨離でもっともっと快適な毎日へ。

年々、楽だなと思う断捨離が選択肢を捨てること。

選択肢が少なかった若い頃はたくさんの選択肢が欲しいと願い続けていた、例えばお金の問題。

欲しいブランドの洋服があるけれど値段が高いから安いブランドの洋服しか買えないとか、オシャレで美味しいご飯屋さんで食事をしたいけれど値段が高いから牛丼屋さんとか安いチェーン店で食事を済ますとか。

本当は選択肢があるのだけれど、価値観が貧しかった過去の自分は勝手に選択肢が無いと思っていた。

とても窮屈で常に満足感の無い生活だった。

でも、段々と大人になって来て給料も多少なりとも増えて来て、更には価値観が変わって来て、金額にとらわれずにやってみたいことに対してやってみることが出来るという感覚になって来た。

実は好きなこと、やってみたいことは思ったよりも簡単に出来てしまうことも多いと気が付く。

無駄が多かっただけで、お金の問題もそんなに無い。

安くて代わり映えのないチェーン店で食事をしても、ちょっと小洒落た美味しいお店で食事をしても、実際変わる金額は数百円から千円程度なことが多い。

ただそれだけの違いなのに自分には選択肢が無いと勝手に思い込んでいた、こんな高級なお店、値段が高いお店は自分では行けないと。

でも値段にとらわれていた時は無駄にタバコを吸っていたり、余計なジュースを飲んでいたり、お菓子を食べていたりしていた。

今思えば、選択肢が少ないと思い込んでいた方がお金は多く使ってしまっていた。

時間についても全く同じ。

忙しい、忙しい、そう思っていたけれど、仕事の立場も上がって、結婚して家族が1人2人と増えていっているが、今の方が時間的な余裕は十分にあると感じる。

なぜか?って、やっぱり無駄が多かった。

不必要な人付き合い、余計な仕事、無駄な酒、無理して頑張ることによる体調不要の休息、などなど。

お金も時間も無駄を省いて、自分の好きなことに集中してみる、そして自分でやらなくても良いことは自分でやらない努力もしてみる、そうすると思った以上に簡単に選択肢が大きく広がる。

そんな中で次に何が大切か?

選択肢が多くあるということはとても自由で快適なことだけれども、不自由、大変と感じる部分も出てるくる。

それは迷い。

選択肢が多いと最善を選びたい欲求が出てしまうので、迷いが出る。

今度、それが無駄になる。

幸せなはずが、一生懸命に最善、最適な選択をしたいという欲求で日々時間を消耗していく。

例えば洋服。

たくさんのお気に入りの洋服が買えるようになったことはとても望ましいことだけれども、今度も何を買おうか?いろんな服を所有してしまったら、毎日今日はどれを着ようか?ちょっとしたことだけれども毎日毎日そんな迷いに時間を使ってしまう。

そうであれば、自分が本当に好きな色、形、サイズ感などの基準を定めてしまうと楽になる。

例えばワイシャツは白、とか。

そうすると買い物をする時点でブルー、ピンク、グレー、グリーンそんな商品は一気に除外される。

買い物をする時も一気に選択肢が消去されるので選ぶことに時間がかからない、迷いが少なくなる。

その代わり、本当に自分が快適だと思える形、サイズとか色以外のこだわりがより深くなって、結果より一層自分に合ったものが選択出来るようになる。

そして所有してからも楽。

ワイシャツが白であれば、組み合わせを考える選択肢が減る。

着替えもサクッと時間短縮して済ますことが出来る、それでいて毎日快適。

いつも違う格好をしていたい、そういう欲求もありだとは思う、実際自分もそうだった。

でもそれって他者から見てのどう思うか、他者から毎日同じの来ているなと思われたく無いという心理も少なからず働いていたと思う。

もちろんそういう時もあって自然なこと。

でも年々歳を重ねて気がついたことが他者の目を軸に生きることの無駄さ、人生の勿体なさ。

だから他者目線は一切外して考える。

そうした中で物事の選択肢を敢えて減らしてみる。

そうすると日々の迷う時間がへり、ちょっとした迷い時間の削減が結果として大きな自由に繋がります。

それと、副産物的に良かった点は、他者から見て自分はこういうタイプなんだとしっかり主張が出来ること。

好きなことに特化することで、好きでは無いことに費やす時間が大幅に減ります。

ゴルフをやるという選択肢を捨てて、しっかり他者にも周知出来れば余計な接待ゴルフ、付き合いゴルフが全くなくなる。

嫌だなぁと心の中で思いながら、断ろうか、断り辛いから行った方が良いかという面倒な迷いから解放されます。

選択肢が多くあることは人生の自由度が上がって、とても幸福なこと。

でも選択肢が増えた分、お金も時間も気持ちも無駄にしてしまう可能性が増えてしまうことも事実。

大人になればなるほどに仕事の責任が大きくなり、家庭での責任も大きくなり、やること、やらなければいけないことがどんどん増えていくと思います。

子供の頃からあれが欲しい、これが欲しいと選択肢が増えるように願って、仕事を頑張ってお金をたくさん稼ぎ、選択肢を増やすために頑張っていることも多い。

そんな日々を長い時間過ごし続けていくことで、どこで自分が満足するかを見失っている可能性にも気がついたほうが良い。

どこかのタイミングで選択肢を増やすだけから、選択肢を減らすことも同時にやっていった方が快適で自由になれると気が付く必要があります。

そうすることで単純に選択肢を減らす、捨てるだけではなくて、その捨てた選択肢分の新しい選択肢が増えるという点が大きなポイント。

一番は時間という人生そのものの貴重でみんな平等な財産をどう使うか?

やらないことを決める、選択肢を捨てることで、新しい選択肢が得られる、もっともっと人生を楽しむために選択肢を捨てる活動を生活習慣に取り入れるととても心が自由になって快適になりますのでおすすめです。

好きなことに特化することで気持ちも満たされます。

-断捨離

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

旧友と離れる。

断捨離でもっと自分らしく充実した人生へ。 その1つとして、旧友と離れること。 旧友を断つ訳でもなくて、捨てる訳でもなくて、離れる。 離れるだけだから、また近くことがあってもいい。 人はそもそも変化する …

後悔を捨てる。

断捨離をしてより快適で充実した毎日へ。 その1つ、『後悔』。 人間生きていれば後悔の1つや2つ、いや、もっとたくさんあるでしょう。 何であんなことをしてしまったのか、何であんなことを言ってしまったのか …

朝食を断つ。

ほぼ趣味の断捨離。 30代後半で朝食を断ちました。 食べれば年々太る、それに食べれば食べただけ疲れる。 そんなことに気が付いて、そもそも1日3食食べるという疑ったことのない習慣に疑問を持ちました。 断 …

喋り過ぎを断つ。

ある程度は黙った方が良い場面が多い。 喋るよりも聴く。 聴く方が相手のためになる、相手のためを思って喋っていると思っている時も多いだろうが、残念ながらほとんどは相手のためになっていないことが多い。 特 …

ゴルフを捨てる。

断捨離して良かったと思うこと。 その一つはゴルフ。 もちろんとにかくゴルフが好きな人、楽しいと思うゴルフはあって良いと思います。 でも、仕事の関係でどうしてもやらなきゃいけないと思って嫌々やる人もまだ …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細