MENU

通信端末たくさんでもOK!家の端っこでもWi-Fi環境良好!!tp-linkのルーターと中継器で快適ネットライフになりました♪Archer AX50+RE650

年々増えるインターネットを使う端末。

スマホにパソコンにタブレット、そしてテレビにプリンターにゲーム機。

更には子供たちが大きくなって、みんながそれぞれネットを使う端末を使うようになってきて、同時接続する台数が年々増えています。

この先ももっといろんな物がインターネットと繋がっていくと思いますので、この流れは止まらないでしょう。

5年10年前の簡単で小さな無線ルーター(バッファロー)を使っていて特に不便を感じていた訳ではありませんでしたが、自宅でオンライン会議などをするようになったり、子供たちがオンラインゲームをやるようになったり、みんなが同時に動画再生していたりして、何だか少しネットが重たいような気がしてきました。

IT機器に関して全く疎いのですが、ちょこっとネットで調べて、同時接続の台数が多く出来て、且つネットの速度も早くてお値段も控えめ、そんなおすすめをそのまま間に受けて導入した物がtp-linkの製品。

よく分からずにとりあえず在宅勤務の環境を整えなきゃと思って導入しましたが、結果はとっても良かったです。

先ずは無線ルーター、Archer AX50という製品。

こんな感じで結構ごついです。

4本の飛び出たアンテナはそれぞれ向きを変えられるのでよく使う方向へそれぞれ向けると良い快適な通信環境になるようです。

箱はこんな感じ、デカイです。

家族からの評判は上々。

特にオンラインゲームをやっている子供からは動きがかなり良くなったと高評価です。

ど素人の感覚ですが、普通にスマホを使う感じもスピード的にストレスを感じることはほぼ無くなりました。

元々の光回線は何も変えていなくて、ルーターを変えるだけで結構通信速度、通信環境の安定感が変わるんだなぁと思いました。

これだけでも家族みんながとっても快適になりましたが、あとちょっと気になっていた点が家の隅っこでネットを使うとき。

電波を見るとアンテナの本数が無い訳ではありませんが、少ない状態で安定。

特に安定した通信速度を求めたい仕事をやる場所が家の隅っこ、Wi-Fiルーターが設置してある場所とは階数が異なります。

そんな時にお試しして抜群に良かった物がWi-Fi中継器、RE650。

単純に無線Wi-Fiルーターの電波が届く場所に置いて、電波を拡張させる機器です。

元はWi-Fiルーターなので全体の通信速度は変わりませんが、これがあるだけでかなり範囲が広がります。

普通の戸建ならこれがあれば十分だという感じ。

取り付け方も超簡単、無線ルーター本体の近くに置いて設定を行って後は電波が届く範囲のコンセントに差し込むだけ。

そしてこの中継器本体が青色に光っていれば通信状態が良好な場所ということで、あとは本当にコンセントに差しっぱなしでOKです。

一般的な戸建住宅では端っこの部屋まで十分に電波が届くと思います。

これで端っこの部屋でも抜群のWi-Fi環境が簡単に実現出来ました。

tp-linkってメーカーを知りませんでしたがここ数年で日本でも一般的になった世界的には有名なメーカーさんのようです。

アプリもあって、アプリでルーターの状況を見るとどの端末と通信が繋がっていて、今使用しているかどうかも一目瞭然。

とてもシンプルで分かりやすいです。

IT機器に疎いですがネット評価でそこそこだったtp-linkのルーターと中継器を自宅に設置したら、接続台数も接続スピードモ接続安定感も全てにおいて環境が結構改善されました!

何年も使える物なのでここら辺の時期で快適ネットライフへ1万、2万の投資はコスパとして悪くは無いな、古い小さなバッファローのルーターだけから変えて良かったなと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

お父さんとして4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のおじさん会社員。
小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。
目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人でありたい。

コメント

コメントする

目次
閉じる