MENU
ぎぶ
4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年夫婦らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

質問されるまで、徹底的に質問して聴く。

聴き続けることって、分かっていても意外と難しい。

教育すると言うとついつい良かれと思って喋り過ぎてしまいがち。

でも効果なアプローチは逆であることが多いと感じます。

先ずは聴いて欲しいこと、相手に溜まっている感情を全て発散してもらう、それもちゃんと傾聴する。

自分のことを本当に理解しようとしてくれている、または理解してくれている、そんな気持ちになるからこそ必要なインプットが欲しくなる。

だから先ずは徹底的に質問して思いを聴く、相手からこちらが質問されるまで質問して聴き出しまくる。

これも心ここに在らずで質問するのではなくて、本当に相手を理解したいと思うことが大切。

そうすれば自然と質問が湧き出してきます。

何を質問して、何を聴き出せば良いか分からない状態は、本心では相手のことにそんなに興味が無いから。

教育の大前提は本当に本気で相手に成長してもらいたいと思っていること。

その気持ちを持って、相手から自然と質問が湧いてくるまではこちらから徹底的に質問する、アウトプットしまくってもらうこと。

そして自分のアウトプットだけでは成長が出来ないと気がつく様に仕向けて行くことが大切。

ここら辺の観点が有る無しでその相手の成長角度はある程度そう予測出来てしまうことも認めざるを得ない事実。

おじいちゃんおばあちゃんが孫の話を優しく聴いてくれるイメージ、そして好きなことを喋ったあとはおじいちゃんおばあちゃんの事が気になって質問する。

そうなって初めて大切なことを語り始める。

伝える前に聴いてあげよう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

コメント

コメントする

目次
閉じる