MENU

財布を断つ。

ここ最近で断捨離をやってみた中でかなり快適になったことと言えば、お財布というものを断ったこと。

お財布をやめて小物ケースを使っていたりしましたが、そもそもお金を入れるお財布という制度をやめてみました。

お財布といえばお札を入れて、小銭を入れて、クレジットカードに運転免許証、健康保険証もあればいろんなお店のポイントカード、そして家の鍵が入っていたりもするでしょう。

ちょっとずつすっきりと減らしていった今の形態はスマホカバー1つ。

スマホカバーはシンプルで薄型のものを使っていましたが、それでもどうしてもスマホ1つ、お財布1つ、この2つの持ち物が外出時にどうしても必要でした。

1つの大きさよりも個数が2個という不便さから、スマホケースへオールインワンに変えてみたら非常に快適、1ヶ月以上貴重品はスマホ1つの生活をしてみましたが困ったことは一切ありません。

それだけ世の中にキャッシュレス化が進んでいます。

それに意外と要らないものをたくさん持ち歩いていたことに気が付かされます。

スマホに折り畳みのカバーをつけて、運転免許証とクレジットカードを1枚、そして家の鍵を紐で括り付けて貴重品1セットの完了。

カード側背面ポケットには一応1万円札1枚と千円札を2枚折り畳んで収納していますが、使ったことはありません。

スマホの中には交通系の電子マネー、そしてペイペイ、d払い、IDがあるので大抵の場合は事足ります。

クレジットカードも1枚持っていますが、これも使う機会がほとんどありません。

そしていざという時にとっても安心なのが、住信SBIネット銀行のアプリ。

これはキャッシュカードを持っていなくてもアプリ操作だけでセブンイレブンなどから出金することが出来ます。

なので、銀行口座へ多少の現金を残しておけば、いざと言う時にはコンビニに行って現金を取り出せます。

一般的な都市部で生活するのであれば本当にこれで十分。

何よりも収納付きカバーをつけたスマホ1つだけ持って出掛ければOKということがとっても便利です。

昔は財布に携帯に鍵にタバコに。。。なんていつも出掛ける時に忘れ物が無いよう呪文のように心の中で唱えていましたが、今や全く不要。

スマホ持った?以上。

もっと断捨離するのであれば、家の鍵もスマホで開けられるようにしちゃえば良いのですが、家族みんなの使い易さもあるので今はまだやっていません。

とにかく財布という当たり前の風習、習慣をやめてしまったらとっても快適です。

オールキャッシュレス化したら無駄遣いが増えるかな?とも思いましたが、自分の場合は逆で、現金しか使えない場合は買うのやめようって無駄遣いが減っています。

思い切ってお財布自体を断捨離、意外と困らないので結構おすすめです。

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

お父さんとして4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のおじさん会社員。
小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。
目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人でありたい。

コメント

コメントする

目次
閉じる