断捨離

財布を捨てる。

投稿日:

日常生活の必需品として疑わなかった財布を捨てました。

正確に言うとちゃんと収納力がたっぷりある用途が財布とされているものを手放して、簡単な入れ物に変えたと言うこと。

今は薄手でコンパクト、カードが2、3枚、お札は二つ折りにして数枚、小銭は一応ちょっと入るくらいの小物入れみたいなちょっとしたお使い用くらいのケースを使っています。

これに切り替えてとても快適。

何が良いかって、たくさん物を入れられないから整理してすっきり。

もちろんポイントカードなんて1枚も無くなりましたし、小銭も基本的にお札で払ってお釣りでもらったその日のうちに自宅の小銭箱へ放り込みます。

免許証、保険証、クレジットカード1枚、あとはお札と家の鍵だけ。

いつもとても薄くてコンパクト。

仕事の時もプライベートの時もすっきり身軽で快適です。

持ち物が小さくなって快適なこともありますが、考えることが減ることでの快適さも大きいです。

今時、ポイントカードもお金の支払いもスマホで済んでしまうことがたくさん増えました。

だからってスマホのアプリを増やしてしまうとあんまり意味がありませんが、電車やバスに日頃から乗る人であれば交通系の電子マネーくらいはアプリで入っていることが多いでしょう、その交通系アプリでコンビニでもスーパーでも支払いが出来る場所が多いのでこれ1つでも十分でしょう。

ポイントで自分の行動が誘導されてしまったり、制限されてしまったりすること自体のロスをちゃんと考えると徐々にポイントカードが減っていきます。

本当によく使うポイントカードを1つ、2つ持っていれば十分でしょう。

財布の容量が減ることで物が減る、そして考えることも減る、気が付けば出費も減っていたりします。

大きな長財布を入れるバッグ自体も要らなくなります。

ただ、何にも考えないで財布を捨てることはおすすめしません。

お金をちゃんと大切に考えることが出来る様になって、余計なものと必要なものの判断が出来るようになってからでも十分だと思います。

本来、紙幣は折り畳まずにまっすぐきれいな状態で保管してあげることが1番だとは思います。

そして札は札入れ、小銭は小銭入れと分けて持ってみることも経験して良いでしょう。

フォーマルなシーンでスマートに支払う、お金に対してとても丁寧な扱いが出来る人という印象を持ってもらうためには、シンプルで上質なレザーの札入れがあった方が良いとは思います。

ただ、そんな経験を踏まえて、お金を大切に扱う価値観をしっかり持った上で、財布を捨てて簡易的なケースに切り替えることはお金至上主義的な発想から脱却する意味でもありだと感じています。

そもそもそんなフォーマルな場に自分がいるべきか、それが快適か、そんなそもそも論を考えてみても良いです。

そうするとブランドの立派で大きい財布が必要ないかも知れません。

大きな財布では無くて、コンパクトなケースでもコテコテのブランドものでは無くて、他人から見てもギラギラしていなく、且つ上質なもの、または自分の内面を表したような色形、デザインをチョイスすると良いでしょう。

シンプルに自分らしく生きることが大切です、そう生きても良いのです。

だから、余計な物を省いて財布も捨ててみて下さい、思った以上に支障がありません、むしろ快適さしか感じません。

コンパクトなケースに変えると、中身が増えることに不快感を覚えるので、直ぐに整理する習慣も付き易いです。

それに札の出し入れも、やっぱり札入れよりはやり辛くなるので、お金を現金で払うことが減ります。

どうしても現金を使わなくては行けない場面以外は面倒なのでお金を無駄に使わなくなりました。

キャッシュレスで使い過ぎてしまわないようには気を付けなければいけませんが、最小限で使っているキャッシュレスにポイントが勝手に集まってくる点もメリットでした。

結局、財布を捨てること、いろんな断捨離を進めて行くことで出費自体が大きく減りました。

特に何かを我慢していることは全く無くて、むしろシンプルな生活になってきて快適さを感じます。

お金は大切に扱った方が良い、それは間違いありません、でも大きなお財布が今の時代も本当に必要かは分かりません。

一般的なハイブランドの財布を経験したあと、いろんな財布に満たされたあとに財布を捨てて、小物入れやコンパクトケースで生活することを試してみると意外とすんなり快適に感じることもあると思います。

-断捨離

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アプリを捨てる。

スマートフォンって便利ですよね。 年々便利さが増して、今まで無かったものが出来てとてもすごいことだと思います。 でも一旦立ち止まって考え直した時、それ無いと困りますか?と自問自答した方が良いとも思いま …

寝不足を断つ。

快適で充実した生活を送るためにおすすめな断捨離。 その1つが寝不足。 寝る時間を割いてまで勉強したり、寝る時間を割いてまで働いたり、寝る時間を割いてまで遊んだり、昭和の日本人から続いているような寝ない …

見返りを捨てる。

他人に何かをしてあげる。 やってあげる、そう思ったことありませんか? それ無駄です。 何かをやってあげた。。。だから見返りがあって当たり前的な発想がセットになっている。 そもそもの前提として他人は動か …

怒りを捨てる。

最近ちらほらとアンガーマネジメントとかアンガーコントロールとかと言うのは言葉を聞くようになった。 世間一般としも怒りが必要ない感情だと気が付き始めた。 そして、自分もその1人。 なんであんなに怒ってい …

ご褒美を捨てる。

断捨離して良かったと思う日々の価値観の一つとして、ご褒美があります。 例えば、1ヶ月お仕事を頑張って、今日は給料日だからパァーっとお酒を飲みに行くとか、ダイエットを頑張ったから憧れのブランド服を買うと …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細