MENU

融資期間はどうしても耐用年数まで。。。戸建は難しくなったり

スルガショックのおかげでやっぱり金融機関の融資が厳しい。

中古戸建を狙っていたのに耐用年数までしか融資が下りない。

木造戸建の耐用年数は22年。

築15年の物件でももう融資は10年も取れない、とにかく厳しい。

そうするとやっぱりRCのマンションを狙う他ない。

RCマンションで耐用年数は48年、これなら築30年物でも15年以上の融資期間が出来る。

不動産投資はやっぱりキャッシュフローがちゃんとしていないと厳しいので、あまり儲からないけれど今はマンションの区分所有を上手く安く仕入れてコツコツと資産を増やすしかない。

そのうち一棟物をチャレンジかな。

経済的自由を目指すサラリーマン大家も簡単では無いですね。

それでも一度きりの人生、時間こそが最大の資産、待ってばかりで行動しないよりも、今なら何が出来るかを考えて、今出来ることをやっていくしかありません。

融資期間が厳しいので木造中古戸建からRCマンション狙いへ一旦シフトチェンジです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

お父さんとして4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のおじさん会社員。
小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。
目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人でありたい。

コメント

コメントする

目次
閉じる