MENU
ぎぶ
4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年夫婦らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

茨城県の観光、日本三大庭園の一つ、偕楽園。入園、駐車場無料、岡山後楽園、金沢兼六園とはちょっと違って地味です。

子連れ家族で茨城県観光。

茨城県水戸にあります、日本三大庭園の一つ、偕楽園へ行きました。

正直、広過ぎてどこが偕楽園か分かりませんでした。

よく分からなかったので、駐車場を過ぎてもっと奥まで行ったら徳川家のミュージアムがありました。

小さい施設ですが、綺麗な庭があって気持ちが良いです。

そうこうして、やっぱりここまで来たので偕楽園に行きたいと思って引き返しました。

駐車場に戻って看板を見ると、この広大な敷地の中の道路を挟んで反対側が偕楽園だと分かりました。

正直、地味過ぎてどこが偕楽園なのか気付きません。

岡山後楽園、金沢兼六園のイメージを持って行くと、全く気が付きません。

観光客も全然少ないです。

結局道路に面した第二駐車場が一番公園に近く、エレベーター完備の歩道橋を渡って偕楽園に入る流れです。

自然がたくさん、緑がたくさん、ですが華やかさは無くてシンプルな庭園です。

入園無料で自由に入れますが、真夏に行ったので結構歩いて汗だくでした、階段の上り下りも少しあります。

それに中は迷路みたいになっており、初めて行くとどう歩いて回れば良いのか迷います。

中には有料の観覧建物がありますが、ここに入らなければ駐車場も、入園も無料です。

園内に自動販売機などは無く、売店が一つあるだけです。

真夏に行くのであれば飲み物を持参すれば良かったなと思いました。

勝手に豪華な庭園をイメージしてみましたが、実際に色々見るって面白いなと感じました。

茨城県の偕楽園、ちょっと大人向きののんびり庭園でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年夫婦らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

コメント

コメントする

目次
閉じる