読書

致知9月号、月一冊の学び。

投稿日:2019年8月11日 更新日:

致知を年間購読し始めて数ヶ月、9月号が来ました。

自分で取得する情報は、自分が既に持っている価値観が軸になっているので、新しい気付きが広がりにくいです。

そんな時、この致知を読む事で、新しい情報が入って来ます。

全く興味を持てない領域ももちろんありますが、意外とすんなりと心に刺さる記事も毎月あります。

自分の知見を広げ、人としての心の豊かさを醸成させるための良い学びの本です。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『小休止のすすめ 運を呼び込む「人生の休みかた」の極意』ヒロミ、藤田晋(SB新書)を読んで。仕事のあり方、人生のあり方を考えさせられました!自分を認めさせてくれる一冊。

『小休止のすすめ 運を呼び込む「人生の休みかた」の極意』ヒロミ、藤田晋(SB新書)を読みました。 著者は誰もが知っているタレントのヒロミ さん、それとサイバーエージェント創業社長の藤田さん。 自分なり …

【読書】『ウォーレン・バフェット成功の名語録(世界が尊敬する実業家、103の言葉)』桑原晃弥を読んで。

『ウォーレン・バフェット成功の名語録(世界が尊敬する実業家、103の言葉)』を読みました。 株式投資を始めてから初めて知ったウォーレン・バフェット氏。 とても有名らしいのでどの様な人物かを知りたくて最 …

【読書】『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす』佐光紀子を読んで。

『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす』を読みました。 高度経済成長期で出来上がった女性に対する偏った常識に対して問題提起する内容です。 男性も読んで女性へ求める価値観を多様化し、許容範囲を広げることも必要 …

【読書】『結果を出すリーダーはみな非常である(30代から鍛える意思決定力)』冨山和彦を読んで。

『結果を出すリーダーはみな非常である(30代から鍛える意思決定力)』を読みました。 この本は会社のトップから頂きました。 社長から個人的に頂けるなんて有難い限りです。 内容はと言いますと、課長クラスの …

【読書】『あの会社のスゴイ働き方』日経新聞=編(日経ビジネス人文庫)を読んで。デキる会社は縛らない。常識の枠を外せば、もっと自由に働ける!今は非常識でも将来は常識になりそうな、働き方のヒントがたくさんあります!!

    『あの会社のスゴイ働き方』日経新聞=編(日経ビジネス人文庫)を読みました。 いつも日本の一般的な働き方に疑問を感じている自分。 自分の職場がまだ日本の従来の働き方を引きずっ …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細