読書

致知7月号が届きました、読み始めて3ヶ月。毎月いい言葉があります。

投稿日:2019年6月7日 更新日:

人からの勧めで読み始めた致知。

年間購読を申し込んでから3ヶ月目。

思ったよりも中身は濃く、読み応えのある内容と文字のボリュームです。

人間力を上げるためにとても参考になっています。

本だとどうしても内容に偏りが出ますが、月刊誌の致知は様々な業界の偉人から学べます。

本でしたら先ず自分では手に取らないであろう情報も受け取れます。

読み始めたばかりは自分なりの読み方が定まっておらず、とにかく全てを熟読していました。

でもそうするとボリュームが結構ありますので、読むこと自体が少し負担に感じました。

なので、全ての記事に目は通しますが、興味関心が深い記事だけを熟読しています。

あとは関心が浅くても、ざっと目を通して飛び込んでくる金言があればそこだけ熟読します。

今の自分に刺さる言葉が毎月どこかの記事にあると思います。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『恥をかかない、洋食のマナーの手帳』渡辺誠(小学館)を読んで。基本を知ることが出来る良書。

テーブルマナーって気にする時って少ないけれど、いざと言うときに分からなくて恥ずかしい思いをしたくない。 特に歳を重ねる毎にそんな一般常識や基本マナーを知らないことがとても恥ずかしく感じる。 子供が大き …

【読書】致知2019年12月号を読んで。致知は今の自分に刺さる金言がある本!

致知の年間購読を始めて半年。 毎月、今の自分に刺さる金言があります。 致知はどんな人にも役に立つ本です。 日頃読書習慣があっても、選ぶ本はどうしても偏りがちではありませんか? 自分の興味関心だったり、 …

【読書】『金持ち父さんの「これがフェイクだ」格差社会を生き抜くために知っておきたいお金の真実』ロバート・キヨサキ(筑摩書房)を読んで。経済的自由を望むならやっぱり金持ち父さん!

10年前くらいに金持ち父さんの本に出会って投資にハマりました。 金持ち父さん、貧乏父さんはお金の知識として必読、入門的な本です。 その続編、『金持ち父さんの「これがフェイクだ」格差社会を生き抜くために …

【読書】『あの会社のスゴイ働き方』日経新聞=編(日経ビジネス人文庫)を読んで。デキる会社は縛らない。常識の枠を外せば、もっと自由に働ける!今は非常識でも将来は常識になりそうな、働き方のヒントがたくさんあります!!

    『あの会社のスゴイ働き方』日経新聞=編(日経ビジネス人文庫)を読みました。 いつも日本の一般的な働き方に疑問を感じている自分。 自分の職場がまだ日本の従来の働き方を引きずっ …

【読書】『ファンベース(支持され、愛され、長く売れ続けるために)』佐藤尚之を読んで

『ファンベース』を読みました。 マーケティングの本として読みましたが、人として愛され幸せになることにも気付かされます。 自分の成長とともに、定期的に繰り返し読もうと思える本でした。 マーケティング初心 …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細