Going my way

自分でハンドルを握る大切さ。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
とと(父ちゃん)として4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のアラフォー会社員。 小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。 目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人になりたい。
詳しいプロフィールはこちら

世の中には上手くいかないことや、納得のいかないことが山ほどあると思います。

でも好きなことをやっていて、上手くいかないのであれば、上手く出来る様になりたいと思って楽しく頑張れます。

納得のいかないこともそう、好きであれば、自分のやりたいことであれば、納得のいくまでとことん頑張れる。

でも、好きでも無いことはそうはいきません。

上手くいかない、納得がいかないこと、そんなことが好きでも無いこと、やらされていることだったら、どうしても不平不満、愚痴が出てしまいます。

不平不満や愚痴なんて、無駄しか無いから言うべきではありません。

でもどうしても出てしまうときもありますよね。

不平不満や愚痴が出てしまう時に、いつも考えるのですが、何でも本当に自分次第。

自分でハンドルを持てない、持つ勇気がないから、何かに依存している。

そのくせして上手くいかなかったり、納得がいかないと、否定的な態度、考え方を出してしまう。

こうなることで、自分自身にも良いことはありませんし、世間世の中にも良いことはありません。

だからちっちゃなことからでも良いので、自分でハンドルを持つ生き方に転換していく必要があります。

せっかくの生きている時間を、目の前の楽を選び、誰かにハンドルを持ってもらって、行先も分からないで乗車を続ける。

自分は乗っかっているだけなのに、思うようにいかないと不平不満、愚痴。

これは本当に格好悪いし、生きている貴重な時間が勿体無い。

こんなことが蔓延していたら、平和にはならない。

上手くいかないことや、納得のいかないことが起こることが、嫌なのか、それとも楽しみながら立ち向かえるのか、それは自分で自分の生き方のハンドルを持っているかどうかの違いです。

こんなことを書きながら、自分でハンドルを持てていない自分への戒めとしています。

昨日よりも今日、今日よりも明日、明日よりも明後日がもっと自分で行き先を決められるように、ちょっとずつでも自分が持てるハンドルを増やしたいと思います。

自分で行き先を決められることが多くなると、相手を許せることも必ず多くなります。

誰も争わず、みんなにとって良くなります。

行動を変えて行こう、変化するスピードも上げて行こう、のんびりしているうちに年だけ取ってしまう。

人生に後悔なんてない、その日その日を目一杯やっていれば、後悔なんて存在しなくなります。

さっさと動こう、動き続けよう。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
とと(父ちゃん)として4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のアラフォー会社員。 小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。 目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人になりたい。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ととの平和研究室 , 2019 All Rights Reserved.