MENU
ぎぶ
4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年夫婦らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

結局は飲まないことに越したことはないのがお酒。

何度も繰り返して分かっているのについついまたお酒を飲んでしまう。

それで翌日に毎回いろんなお釣りに反省する。

お酒を飲んでいる時間、お金、内臓にかける負担。

帰りが遅くなって疲れてグリーン車を使ったり、タクシーを使ったり。

寝る前なのにお腹が空いて余計なものを食べて更に内臓に負担をかけたり。

そんな内臓にかけた負担のお陰もあって、翌日の体が重い、疲れが残る。

翌日1日の質が大幅に悪化。

もちろんお酒を飲むことで図れるコミュニケーションはとても良い効果ですし、気心の知れた相手と過ごす時間はとても楽しい。

でも、お酒がないとダメか?

そう考えるとあったらあったで便利だけれども、お酒が無いといけないかと言うとそんなことは無い。

得るものもありますが、同時に失うものを多いお酒。

そんなことを理解した上で適度に付き合いたいものです。

と言いたいところですが、結局のところ、飲まないに越したことは無いとい結論に毎回至ります。

【新品】“空腹”が健康をつくる 1日2食のプチ断食 三浦直樹/著

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

コメント

コメントする

目次
閉じる