MENU

結局たどり着く健康的な食事は?サラダが基本で調子が良い。

スマートな体型も維持して、毎日の体の調子も良い、それでいて食事の満足感、楽しさも感じることが出来る、そんな健康的な食生活を目指して結局たどり着くこと。

自分の場合はサラダが基本ということ。

好きなだけご飯を食べたり、パンにどハマりして食べまくったり、お肉が食べたくて牛肉、豚肉、鶏肉、それぞれにハマって食べまくったり、色々やりました。

結局のところ、主食となるご飯やパン、そして麺類はそんなに食べなくて良くて、食べ過ぎた場合に太るし体調も乱れ易かったです。

食べ過ぎた場合に内臓を酷使してしまうのか免疫力も低下していたような気がします。

もちろん育ち盛りの子供や、スポーツを本格的にやっている方でこのような主食が必要となる人もいますが、普通の生活をしている中年以降であれば、意識的、習慣的にご飯・パン・麺類は食べる必要がないと感じています

全く食べない訳では無くて、あえて積極的に自分では選ばないということ。

その代わりとしてボリュームのあるお肉類もたくさん食べてみましたが、ベースを肉にするとちょっと重たい気持ちになって来ました。

結局いろんな食生活をしてきた挙句、自分の場合は何度もサラダベースの食生活にハマります。

そしてそのサラダベースの食生活をしている時が心身ともに快調であることが多かったです。

あくまでもサラダをベースにするだけなのでお肉やお魚、温かいスープなど他のものも食べます。

その代わりサラダのボリューム、贅沢感は極力アップさせて食事の楽しさはしっかり忘れないようにしています。

生野菜は何でも良くて、自分が食べたいというものをチョイス。

その上にちょっと贅沢な美味しい豆腐をのせてみたり、ナッツをトッピングしたり、お肉やツナをトッピングしてボリュームアップしたりと食事の楽しさと満足感は忘れないようにしています。

そしてそのサラダには市販のドレッシングをかけるのでは無くて、基本はオリーブオイルをかけて美味しいソルト&ペッパーを適量かけて楽しんでいます。

成長期の子供の頃からご飯を中心に食事を摂って来ましたが、歳とともに食事のスタイルは変えて行くほうが調子が良いと思います。

子供の頃のことって何となく当たり前、常識として疑わずに生活して来てしまいますが、成長期には成長期のスタイル、大人は大人のスタイルが何事もあります。

内臓をリセットするために毎日空腹時間を最低15時間以上は確保、そのために食事は1日2食まで。

自分の場合は朝は抜きでお昼と夕飯のみ。

お昼は仕事で外出していたりしてサラダベースの食事とはいかない状況も多いので、サンドイッチなど極力軽めで済ませます。

そして夜は自宅でたっぷりのサラダ。

サラダの良い部分としてしっかり噛んで時間をかけて体に入れることがあります。

自分は早食いタイプなので、丼ものだったり、麺類だったりかき込み易い食事だと満腹中枢にたどり着く前に食べ過ぎてしまいます。

要は無駄食いです。

その無駄食い防止のためにもサラダベースの食生活はとても快適。

サラダを食べなきゃ!では無くてサラダが食べたい!と思えるようにちょっと贅沢なトッピング、ボリュームアップするトッピングに工夫してみるとより楽しい食生活になると思います。

ご飯、パン、麺類の代わりにサラダにしていると体調が良いです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

お父さんとして4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のおじさん会社員。
小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。
目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人でありたい。

目次
閉じる