禁酒のために会食をこなす。

趣味
スポンサーリンク

禁酒で思った以上に大変なことが会食時にお酒を飲まないこと。

色々価値観が変わってくれば自分自身の意思でお酒を飲むことは避けられるようになってきます。

むしろそんなに飲まなくても良いかなというくらい。

暇な時間を作ったり、余計なストレスを貯めずに好きなことを楽しく、忙しくやっていれば自分都合での飲酒は意外と平気。

でも完全な禁酒で超えなければいけない大きなハードルは仕事の会食や友人知人との飲み会。

初めからお酒が飲めない体質で、周囲がみんな知っていれば楽なのですが、散々一緒にお酒を飲んできた相手との酒席でお酒を飲まないことが大変。

ちょっと強めにお酒を勧められたり、反対に必要以上にお酒を飲まないことを心配されたり、とにかく相手に気を使わせてしまいます。

だから、とにかく会食をこなして周囲にこの人はもうお酒を飲まない人だと周知していくしかありません。

途中で少しでも飲んでしまえば、少しぐらいは飲める人っていうレッテルが貼られてしまうので、結局は通常通りにお酒が復活してしまいます。

タバコと同様にお酒もやるかやらないかの二択しかありません。

とにかく禁酒を達成するためには過去のお酒を飲んでいるイメージを払拭して、お酒を飲まない人というイメージを拡散しなければいけません。

完全なイメージをつけられるまでは辛抱、お酒を飲まないことよりも飲まないことで気を使わせてしまうその空気感が一番しんどいようになってきます。

お酒を断りにくい会食ほど先にこなしていくと後が楽です。

会食をこなして下戸イメージをコツコツとつけて、禁酒を達成しましょう。

健康第一、時間は最重要。

お酒を捨てることで得られる物事は大きいです。

断つことが大変なことほど、得られることは大きいものです。

趣味
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぎぶをフォローする
スポンサーリンク
"Give" blog(ぎぶログ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました