スポンサーリンク

禁酒、断酒まで行く前に実感。当たり前ですが、飲んだ量で確実に翌日の辛さが違う!!酒を受け付けない体に変化出来る!肝臓を怠けさせろ!

スポンサーリンク
趣味
スポンサーリンク

健康管理、時間の質向上、そんなことに向けて禁酒、断酒をしたいと思う今日この頃。

元々体は弱い方なので後悔する前に実行したい。

そう思って節酒したりしていますが、結論としては節酒ではダメで、ちゃんとお酒を断つしかありません。

ただ、まだ飲めるのに若いうちから急で極端に断酒する必要も無いかなと思っています。

でも最近良い傾向だなと思うのが、お酒が飲みたいと以前より思わなくなったこと。

会食に行ってもイマイチお酒が進まない、そもそも酒席は出来れば最小限にしたいそう思うようになりました。

元々はお酒、飲み会大好きなのに変な感覚です。

確実に飲んでいる量が少なくて、しっかりと酔いがまわる様になりました。

お酒に弱くなったということです。

筋トレと一緒で日々鍛えていないと衰える様です。

ポイントはどれだけアルコール分解力を鍛えないか、衰えさせるかです。

出来るだけ肝臓を怠けさせること。

量を多く飲まないと当たり前ですが、翌朝の体調が楽になります。

飲み過ぎた翌朝ってたくさん汗かいていることがあるのですが、それだけハードに内臓が運動している証拠だと思います。

それだけ運動したら筋力アップして、今度はまたたくさん飲めちゃいますよね。

これを徐々に止めていくと怠惰な肝臓に仕上がって来ます。

飲み会に行ってもいつもより少ない量で同じくらいに酔っ払います。

お酒を飲む回数を減らす、そして飲む量を減らす、当たり前でなかなか難しいですが、ちょっとずつの積み重ねで段々とお酒が弱くなって来ますので徐々に進めていくことが無理無くて良いと思います。

これがまた一回飲み過ぎてしまうと、肝臓が強まってしまうので、飲み過ぎない様なストレスコントロールもとても大切な観点です。

自分の好きなように、自分のしたいように生きる努力も断酒への近道です。

趣味
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぎぶをフォローする
スポンサーリンク
"Give" blog(ぎぶログ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました