砂糖の摂り過ぎはNG!!お肌の老化、心の乱れ、良いことなんて何もありません。

趣味
スポンサーリンク

甘いものの食べ過ぎは百害あって一利なし。

砂糖は本当に怖いです。

アメリカではマイルドドラッグ?とかいうらしいです。

そのくらいに中毒性があって、体に良くない。

砂糖も必要という話もありますが、食事の味付けとしても砂糖は使いますので、敢えて甘いおやつで摂取する必要はほぼありません。

健康管理のためにお砂糖を抜く生活をやってみたり、やっぱりスイーツって美味しいよねぇと思って毎日しっかりと食べる生活をやってみたりを繰り返して確信しました。

お肌が確実に老化します。

医学的にとかそういうエビデンスの話ではなくて、アトピー体質のある自分での感覚ですが、毎日ケーキとかお団子とかチョコレートとかをバクバク食べていたら、鏡をみてふとした瞬間に『なんか老けた!!』、お肌がくすんで垂れ下がってお年寄りかんが増した気がします。

確実にお肌の若さが大きく減退。

砂糖って怖い!って再度痛感です。。。

そして甘いものを食べ過ぎているとやっぱりちょっとしたことでイライラしがち。

勿論絶対ではありませんが、心の安定感も弱まる気がします。

結局のところ、健康的な毎日を送るための食事は足し算ではなくて、引き算。

余計なものを食べない、口に入れない毎日の習慣がとても大切です。

お肌の老化、心の乱れを予防するためには砂糖を極力減らした方が間違いなく良いです。

反省反省の繰り返しですが、結局は同じ結論にたどり着きます。

おやつ、デザート、スイーツ、呼び方は色々ありますがとにかく甘いものはやめたほうがお肌も心も若く健康で過ごせます。

砂糖の摂り過ぎは本当に要注意です。

趣味
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぎぶをフォローする
スポンサーリンク
"Give" blog(ぎぶログ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました