Going my way

県立おだわら諏訪の原公園。子供たちをのびのびと遊ばせられる、お気に入りの公園。小田原にはいい公園があります。

2019/08/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
とと(父ちゃん)として4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のアラフォー会社員。 小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。 目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人になりたい。
詳しいプロフィールはこちら

広々としていて、混雑も少なく、子供たちをのびのびと遊ばさせてあげられる公園が好きです。

大人も気を使うことが少なくて、とっても気楽です。

そんな人口密度が低くて、整備がよく行き届いた、広い公園、お気に入りの一つがここ、県立おだわら諏訪の原公園です。

駐車場も無料で満車になることも少なく、車で行き易いです。

この公園の全体像は写真の通り。

この公園の良いところの一つが、パークセンター。

事務室的な場所なのですが、ちょっと遊べるスペースがあったり、更に事務所スタッフの方にお願いすると、縄跳び、長縄跳び、フラフープ、ボール、竹ぽっくり、バドミントンなどなど、全て無料で貸してもらえます。

借りるのは、名前、住所、電話番号がちゃんと記入出来れば、子供たちだけで貸してもらえます。

なので、手ぶらでふらっと遊びに行っても、結構楽しめます。

パークセンターを出て、右側にちょっと行けば、芝生の広いスペースがありますので、そこで自由に遊べます。

ベンチなんかもありますし、レジャーシートを広げてもオッケーです。

大混雑することは無いので、シートを広げるスペースに困ることはありません。

今日はちょうど暖かくなって来て、桜がとっても綺麗でした。

あと、この公園一番の目玉遊具。

長い、ローラーすべり台。

雨降ったりすると危ないので、利用出来るかどうかが色んなところに案内されています。

だだっ広い大自然の中にでっかいすべり台が出て来ます。

高低差もあって、そこそこスピードが出ます。

今まで行った公園の中で、このローラーすべり台が一番いいなと思ったのが、お尻に敷くマットと、軍手を無料で貸してくれます。

これがあると本気でスピードが出せます。

お尻が熱くなることも、ズボンが破けることも、滑りながら手摺りを掴んで火傷しそうになることもありません。

よく気が利く公園です。

しかも、滑りきった先にもカゴがあって、そこに返せば大丈夫。

下にたまったマットと軍手は職員のおっちゃんがスクーターで上まで運んでくれています。

ホント至れり尽くせりの環境で、思いっきり快適に楽しめます。

高低差もありますので、また上に登るのもいいトレーニングになります。

ゲームばかりやって足腰の弱っている子供たちにはとってもいい運動です。

すべり台を滑りきって下の方に行くと、菜の花も綺麗でした。

上には桜、下には菜の花。

空いているし、整備は行き届いているし、遊び道具も貸してくれるし、すべり台面白いし、とっても楽しいお気に入りの公園です。

道も綺麗によく整備されているので、お散歩、ウォーキングをするのも快適な公園です。

距離の案内もありました。

今日は天気が良く暖かくて、桜も咲いていたので、そこそこ人が居ましたが、もっと上り方面の公園と比べたら全然空いています。

昨年はお盆休み、猛暑日に遊びに行きましたが、その時はほとんど人が居なくて、ほぼ貸し切り状態でした。

日差しを避ける場所が少ない点が弱点かも知れません。

その時は、屋根付きのベンチで休憩したり、冷房のかかったパークセンターで一息ついたりしました。

高い場所にあるので、小田原の街並みを見渡せて、空も広く見えて、大人も気持ちがスッキリします。

いい公園です。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
とと(父ちゃん)として4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のアラフォー会社員。 小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。 目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人になりたい。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ととの平和研究室 , 2019 All Rights Reserved.