MENU
ぎぶ
子供4人と奥様と自分の6人家族、一家の大黒柱として子育てとお仕事を自由気ままに楽しみたいと願う、普通の40代会社員。

家族みんなが自由で平和な生活を送るために、平凡サラリーマン生活から抜け出すべく経済力アップに日々精進しています。

小心者で怠け者な性格のくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っています。

レベルの低い平凡なおじさんながらも、経済的自由を目指していろんな仕事を楽しみながらチャレンジ。
ほんの少しでも人に価値を与える、人の役に立つブログ ("Give" blog♪)になれば嬉しいです。

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

目の周りのお肌のトラブルによく効くお薬はこれ!!ネオメドロール軟膏EE。アトピー性皮膚炎、花粉皮膚炎などの赤み、ただれによく効きます◎お顔と体はネオメドロール+白色ワセリンが軽度の場合によく効きます。

子供の頃からアトピー性皮膚炎でお肌が弱く、花粉の時期には花粉皮膚炎にもなってしまいます。

体は洋服などで隠せますが、顔は隠せないのでどうしても嫌です。

顔のお肌トラブルは気持ち的にも憂鬱になりますので出来るだけトラブルを起こしたくないですし、起こってしまっても少しでも早く治したいものですよね。

そんな時、いつも助かっている薬がこれ。

ネオメドロール軟膏EE。

普通に皮膚科でもらえる薬です。

これは目尻であったり、目頭であったり、まぶたにもしっかり塗れる軟膏のお薬。

これがよく効きます。

目の周りが赤みを帯びてしまったり、腫れぼったくなってしまったり、ただれてしまったときに先ずは薄めに塗ってみましょう、1日、2日で大抵の場合はかなりの改善が見られことがほとんどです。

本来はちゃんと体質改善をして、日頃からお肌のトラブルが発生しないようにするべきなのですが、そうは言ってもどうしても起こってしまうこともあると思います。

そんな時にこのネオメドロール軟膏EEがあればすぐに見た目的な症状も回復するので、このお薬は常備しています。

これ1本常備しているだけで気持ち的に安心します。

アトピー性皮膚炎などの持病が無い方には分からないかも知れませんが、お肌のトラブルを起こす持病を持っている人は結構ストレスなものです。

ちゃんと体質改善や生活習慣改善で根治することが本来ですが、万が一お顔のお肌トラブルになってしまっても軽度であれば直ぐに直せる薬があるだけでも精神的な安心感は大きいと思います。

特に花粉皮膚炎がここ数年はひどいので、毎年2月から4月までこのお薬に本当に助けられています。

この薬と出会うまでは毎年花粉の時期にドラッグストアで売っている市販薬を色々試しては、効果がイマイチなくて赤ら顔のまま嫌な気分で何日も過ごすことがよくありました。

顔の中でもよく目立つ目の周りの皮膚、ここによく効き使いやすいお薬としてネオメドロール軟膏EEはおすすめです。

素人なので薬の成分や副作用は良く分かりませんが長年使っていて何も問題ないと感じています。

そして、目の周り以外の部分にはどんな薬が良いか?というとアルメタ軟膏を白色ワセリンでのばした軟膏をよく使っています。

これがまたとても重宝します。

ワセリンでのばした薬なので、目など粘膜部分以外のお顔にも使えます。

ただ、ワセリンベースなので油っぽくてテカテカしてしまうため、外出時に塗るのであればかなり薄めに塗った方がテカリは目立ちにくいと思います。

また、塗るタイミングも外出する直前ではなくて、早めに塗った方が肌に多少は馴染みます。

それでもやっぱりテカリますが。。。

また、汗ばむ季節はオイリーな感じが不快に思うことも多いのでお風呂上がりや肌がスッキリサラッとしたときに塗った方が良いと思います。

このアルメタ軟膏+白色ワセリンだと薬が強過ぎないので肌のつっぱり感をあまり感じなくて比較的自然に治せる感じなので特に重宝しています。

あまり強い皮膚治療薬を使ってしまうと、皮膚が薄くなってツルツルでまたそこから血が出て肌の状態が悪くなってなど悪循環が始まってしまうので弱目の薬で治る段階で早めにしっかり治すことがおすすめです。

すでにひどく悪化してしまった場合は弱い薬に拘らず、ちゃんと状態にあった強さのお薬で改善する必要はあります。

ただ、悪化する前の早めに処置することがとても大切。

見た目的にも嫌な気持ちにならなくて助かります。

顔、体全体に使えるアルメタ軟膏+白色ワセリンも普通の皮膚科でもらえる薬で副作用もほぼ感じないのでとっても重宝しています。

目の周りはネオメドロール軟膏、そのほかの顔と体はアルメタ軟膏+白色ワセリン、このふたつを常備しておけばアトピー性皮膚炎であったり、花粉皮膚炎のお肌を直ぐに改善出来て安心です。

この2つのお薬は子供用でも処方してもらえるくらいの強さなので、小さな子供に使っても大丈夫、そして大人に使っても効き目はありますのでとても便利です。

アトピー性皮膚炎はなったことがある人しかわからないですが、本当に憂鬱な持病ですよね。

長年この持病と付き合って、色々試した結果、最終的に何年もこの薬を常備しておくことで大抵の場面は早めに乗り切れています。

あとは生活習慣を改善して、心と体に余計なストレスを感じさせないこと、そして楽しい!って思うスポーツや体を動かす遊びを習慣化していって極力症状が発生しないようにすることも大切です。

こういった持病があるからこそ、同じような人の大変さが分かる、そんな人へ優しく出来る、そう言った部分がメリットとしてポジティブに受け入れて少しでも楽しい毎日になったら幸いです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

子供4人と奥様と自分の6人家族、一家の大黒柱として子育てとお仕事を自由気ままに楽しみたいと願う、普通の40代会社員。

家族みんなが自由で平和な生活を送るために、平凡サラリーマン生活から抜け出すべく経済力アップに日々精進しています。

小心者で怠け者な性格のくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っています。

レベルの低い平凡なおじさんながらも、経済的自由を目指していろんな仕事を楽しみながらチャレンジ。
ほんの少しでも人に価値を与える、人の役に立つブログ ("Give" blog♪)になれば嬉しいです。

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

コメント

コメントする

目次
閉じる