MENU

癖になった首筋の痛みの予防法!!1つの習慣で予防効果大。

寝違えたかのように急に痛めてしまう首筋。

後ろを振り向けないほどに痛くなります。

どんなタイミングでなるのかもよく分からず、筋トレした後に痛くなったり、デスクワークばかりしていたらなってしまったり、いろんなタイミングで痛めてしまいます。

そして、痛めたら最後。

1週間から10日くらいは治りません。

横になっている状態から体を起こすことがとても辛く、頭って重たいと痛感します。

車の運転でも後ろに振り向きにくいですし、首筋を痛めたら生活がとても不自由で憂鬱になります。

原因はよく分からないままで、2、3ヶ月に1回のペースで定期的に痛めてしまう癖になってしまっていました。

そんな首筋を痛める予防法は何かないかといろいろ試したところ、今のところ1番効果があると感じていることは「足を組まないこと」。

単純にこれだけで首筋を痛める最悪の癖が無くなりました。

寝不足や働き過ぎ、デスクワークのやり過ぎで多少は肩こり、首こりになることはありますが、ガツンと首が回らないくらいの痛め方はほとんど無くなりました。

本当にただ足を組まないようにするだけです。

特にデスクワークをしている時に足を組んで、姿勢の悪い同じ体制で長時間過ごすことが悪かったのかなと思います。

食事する時も、カフェでくつろいでいる時も、絶対に足を組まないようにやってみたら首筋を痛める癖が無くなったので試す価値はあるかも知れません。

これが効果があるのかを試してみるために、反対にとにかく足を組む生活習慣にしてみたらやっぱり2、3ヶ月に1回以上はいつもの首筋痛めになってしまいました。

痛くなるタイミングが足を組んでいるタイミングと同じでは無いことで、足を組むことが関係しているのかを分かりにくくしていると思います。

でもいろいろ試した結果、体験としてかなり影響があると確信しています。

そう確信してからと言うもの、足を組むことが怖くて絶対に足を組まないように気を付けています。

日頃の生活習慣として、姿勢を良くすることは健康な毎日を送るために本当に大切です。

歳を重ねれば重ねるほどにいろんな不調が出やすくなります。

その分、体に悪いことがよくわかる様になるので健康維持のために気付いたことは気を付けて生活してみましょう。

癖になった首筋の痛み、解決策、予防法は足を組まないこと。

ぜひ試してみて下さい。

ひょっとしたら解決出来るかも知れません。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

お父さんとして4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のおじさん会社員。
小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。
目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人でありたい。

目次
閉じる