★教育

生活コストを下げる!!節約しない、我慢しない、無理しない。

投稿日:

自由になる、人生の選択肢を増やす。

その為に稼ぐ力を高めたり、節約したりをよく考えていました。

でもアプローチの仕方はちゃんと考えないといけません。

実体験上、とにかく節約から入るのは良い結果にならないことが多いです。

その節約が本当に目指すことが明確になっているのであれば話は別ですが、そうでない限り、節約は我慢になります。

この我慢が良くない影響を及ぼします。

我慢するということは自分にネガティブな意味で無理をするということ。

自分の望みは我慢と引き換えであると体が覚えてしまいます。

そうするとやりたいこと自体が出てこなくなる。

これは子育てなど、教育的にも言えることかも知れません。

ではどんなアプローチが良かったか?

それはやりたいと思ったこと、その時やらなければならなかったことをトコトンやり尽くすことです。

これが後々に大きな判断基準として確率してきます。

間違いないです。

トコトンやったことによって、満足するのです。

好きなブランドの服をトコトン着てみる、仕事をトコトンのめり込んでやってみる。

そんな経験の積み重ねで何が無駄で何が必要か、自分自身が理解出来てきます。

節約、我慢、無理、そんな消極的なアプローチではなくて、それが無駄なのか必要なのかで判断が出来るようになります。

ここが非常に大切なポイントでした。

トコトンやり切ったことって、どのくらいやったらどのくらいの満足感や成果が出るのかをある程度想像が出来ます。

想像が出来るから、現在の自分に必要か不必要かが判断出来るようになります。

そんな自分主体の生き方をしていくと、以前はブランドの服を着て高まっていたマインドが、ブランドの服は着なくても、自由に時間を過ごすことでマインドが上がるなどと、自分の大切とする価値観、基準がランクアップします。

意外なのは好きなことをやり切っていくうちに逆に生活コストが下がってくるということ。

ずっと同じものにかかるコスト比率が変わらないのであれば、それは本音でやりたいことをやり切れていない証拠です。

やり切って満足してしまうと、不要だと感じることが増えます。

その先にやりたいことがドンドン出てくると思いますが、徐々に物質的な要求ではなくなってくることに自ら気が付くようになります。

物質的な所有の欲求、地位名誉を維持向上したい欲求、そんなものが根っことしてコストがかかっていることがとても多い。

やり切ればやり切るほどに、そんなものに興味関心が薄れてきます。

色んな自己啓発本を読んで同じようなことばかり書いてあるので、大体この流れになるのでしょう。

そうして行くうちに生活コストが下がって行くので、経済的に不安でやりたいことが出来ないという見えない不安が薄らいできます。

自由に自分らしく生きる為に、無駄に節約、我慢、無理をしてしまっていませんか?

それは実は逆効果なんです。

やり切って、自然と無駄だと気付いて、それが外から見れば節約に見える。

そんなものです。

生活コストが自然と下がるというのはとても気持ちが軽いです。

大きな不安の一つであるお金について生きて行くための必要な金額が下がるのは、余剰分を好きな新しいことに回せる、またはそんなに無理して働かなくても良いという精神的な負担が下がります。

生活コストが下がると精神的にとても軽くて楽です。

生活コストを下げる為に、先ずはやりたいことをやり切って行きましょう。

かなり高い確率で回収出来る先行投資です。

例え回収出来なくても、やり切った後はそんなことを気にしないくらいに満足感、自己肯定感が高まっていますので度を過ぎなければ完全なノーリスク投資です。

-★教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

選択と集中、やっぱり成果を出すには大切だ!

成果を最大限に高めるためにはどうしたら良いか? やっぱり選択と集中が必要。 最重要、得意分野以外を捨てること。 捨てるというのは全てやらない訳では無くて、必要なことはやる、けれども出来ればアウトソーシ …

クソになっても腐っちゃダメ。

いろいろあっても腐っちゃダメ。 クソになってもいい、クソになった経験が次のバネになる、絶対。 誰が悪い訳でも無くて、クソな自分になって悔しい思いや悩み倒すことは決して悪くは無い。 クソになる暇あればガ …

よく考えよう、成功と幸福の違い。比較しない、自分基準をもとう。

最近よく考えた方が良いと思うことがある。 成功と幸福の違い。 日本の教育はどこか成功を目的にしているように思う。 そもそも成功とは何か? 何かと比較して上位にあること。 では幸福とは何か? それは自分 …

『足るを知る』べき!身の程をわきまえて、むやみに不満を持たない。

『足るを知る』身の程をわきまえて、むやみに不満を持たない。 老子のお言葉。 厳密に読み解くともっと深い意味があるとの見解もありますが、今回はそのままの意味として理解。 教育の原点として『足るを知る』こ …

失敗をさせてあげる。

人を育てるとき、失敗は必要な過程。 ここでいう失敗とは、本質的には成功の過程のことで、その成功のために失敗が必要だということ。 ではどうやって失敗をさせてあげるのか? それは答えを教えないこと。 教え …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細