自由

生活コストを下げて自由を手に入れる。

投稿日:

生きていくために食べ物やら衣服やら住居やらといろいろ必要です。

更には石鹸、トイレットペーパーなど細々と必要な物は限りなくあるようにも思えます。

日に日に便利な世の中になっていくので、昔は要らなかったのに今必要な物も数多くあると思います。

そういった物を手に入れるために必要なのが、今はお金。

お金をたくさん得ることに日々意識を集中され易い現代人。

まさに自分がそうです。

日々もっと稼ぎたいと思って仕事を頑張りますが、稼げるようになってもまた更にもっと稼ぎたいと思ってしまいます。

ではどこで満足するのか?

ずっと不足感を感じるしか無い世界観にどっぷり浸かっていることに気が付きます。

独身でしたが今の半分の年収で生活していた時期もありましたし、今の1.5倍の年収で生活していた時期もありました。

どちらの時期もまだまだ足りない、もっと稼がなきゃ、って思って日々暮らしていました。

今思うと、使っている額が違います。

買っている物が違います。

お金が無ければ安い物、お金がたくさんもらえれば高い物。

お金の金額、数字に惑わされているだけで、自分が本当に何がしたいかが絞り込まれていなかったと思います。

そもそもお金を使うこと自体に何とも言えない満足感を感じていたのかも知れません。

むしろ過去形では無くて、今現在もまだそうなのだと思います。

平和で豊かな現代社会では、お金の使い先に困ることはありません。

あればあるだけ使う先があります。

『有る』ことが過剰になっていて、自分でしっかり判断しなければいけない時代です。

自分らしく、本当に豊かな生き方をするには『無い』ことを大切にしなければいけません。

必要な物はもう何処にでもあります、だから本当に必要な時に手に入れられる状態は最低限保ちつつ、『無い』状態で満足する必要があります。

『無い』方が満足する状態。

最近の健康本も、健康に良い食べ物を勧めるのではなく、食べない時間を作ることが大切だと説く本がとても増えました。

ここまで豊かに、物が溢れる時代になったからこそ、『無い』ことの大切さ、本質に気が付き始めたのかも知れません。

『有る』ことで自分の人生が窮屈になります。

だから日々の生活をシンプルにする、金額の問題では無くて、無くても良いものがどれだけあるのかを突き詰める。

必要不可欠と思っていても、それは現代社会が作った後付けの常識であることが多いです。

これはケチケチするという意味では無くて、お金が有るとか無いとかでは無くて、本当に必要な物ならば高価でも1番必要な物を手に入れる。

また逆に安価でも必要が無ければ一切手を付けない。

そんな価値観が大切。

本当に欲しいもので、品質が良いものは長持ちします。

なので長期的に考えて、結局は出費が減ります。

人にもよりますが、豊かなお年寄りがイメージに近いと思います。

本当に豊かなお年寄りって、あんまり物を買っていないでゆったりと時間を過ごしています。

長年生きてきた中で、残りの人生が見えてきた時、必要な物と不必要な物が分かってくるのだと思います。

そんな価値観をもっと若いうちから持って、生活コストを下げる。

そうすることでもっと自由な生き方が出来るのでは無いかと考えています。

生きるためのランニングコストを下げて、常に今しか出来ない時間は買う。

それは旅行かも知れませんし、教育かも知れませんし、物から得られるかも知れません。

より多くお金を稼ごうとすることは悪いことではありませんが、自分の価値観にしっかりとした柱が無ければ、いくら稼いでも、稼がなくても一緒の結末です。

自分の価値観に揺らがない一本の大きな柱を立てましょう。

-自由

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アフィリエイト収入の続き。まだまだ初心者なので、地道に1円ずつの積み重ねで勉強中です。

昨日は3円、今日はまだ0円。 今年に入ってから少しずつ広告を始めたばかりで、とても地道な取り組みです。 日常生活ではなかなか気にする事のない金額ですが、今までに無かった新たな収入源があるということはと …

思ったよりも日本は狭い。お金が距離を狭めているだけでした。

仕事の関係で国内、全国の出張が多くなりました。 日本中いろんな場所に行くようになって気が付いたことが、思ったよりも何処も違いこと。 飛行機やら新幹線が発達しているので行こうと思えば、何処でも日帰りで行 …

羽田空港国内線ターミナル、空港に身を置いて移動力を上げる気持ちを高める!!

どこにいるか? とても大切。 自分の気持ちを変えて、人生を変えます。 今自分がいて気持ちが高まる場所、ワクワクする場所、それは空港。 新幹線では日本国内をいろんな場所に行ってきました。 慣れてワクワク …

名古屋のお土産、ういろう。大人になって食べた方が美味しく感じました。

名古屋のお土産屋さんで、無性に食べてみたくなったういろう。 学生の時に初めて食べたけど、なんか中途半端な味でイマイチだと思って一本丸かじりした思い出があります。 子供の頃から引っ込み思案なのに、好奇心 …

自由が平和。

自分の本当に好きなこと、やりたいことを一生懸命にやる。 今やっていることって、本当に楽しいのか? 自問自答したら良いと思います。 他に楽しいことが無いから、しょうがなくやっていることって言うこともあり …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細