MENU
ぎぶ
4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年夫婦らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

物欲を捨てる。

断捨離をして気持ちを軽く、自由に生きる。

基礎的な発想として、物欲を捨てた方が良い。

もっと厳密に言うと、物質を所有する欲求を捨てた方が良い。

形あるものの価値なんてとてももろい物で、時間とともに価値が下がってしまったり、満足感も下がってしまう。

物を所有することで得られる満足感や幸福感はとてもはかない物です。

では物欲はどうやって捨てていくのか?

それは逆転の発想で、出来る限りの物欲を積極的に満たしてしまうこと。

それも、中途半端では無く、極力最高に欲しいもの。

お金がないから買えない、そんな限定環境が物欲を高めてしまう根源になってしまうので、出来るだけ欲しい物の上位グレードを真っ先に所有してしまう。

そうすることでそれよりも下位グレードは全て満たされて、結局はちょうど良い位置に早く収まる。

だから、物欲が減って行く。

物欲を徐々に捨てられるようになればなるほどに、気持ちが軽くなっていくことをきっと実感出来ると思います。

生活にかかるコストがとても減ります。

減るからこそ、また新たに湧いてきた物欲の上位グレードを真っ先に満たせる。

満たせたからこそ、また物欲が減る。

物欲を捨てて自由になっていく好循環。

形あるものよりも価値があることは時間。

経験であったり、愛情を感じることであったり、物欲を捨てれば捨てるほどに心が豊かになって、経済的にも余裕が出てくる。

物欲にまみれて物に溢れた空間で過ごす時間は無駄が多く発生するから要注意。

物欲を断捨離して、より自分らしく生きられるように心掛けたいものです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

コメント

コメントする

目次