教育

物事を自分で決定する、決定出来る。これが最高の幸福感。

投稿日:2019年7月28日 更新日:

幸せを感じる瞬間て何でしょう。

その一つの起点は自分で物事を決められると言うこと。

他人に物事を決めてもらって、そのレールに乗っかっていることは、一見楽そうで幸せそうにも見えますが、それが長く続くと幸福感で満たされていない自分に気がつくはずです。

自分の人生では無いと。

そんな人が多くなってきているから、自分が何をしたいかも考えないで、しまいには自分が何をしたいかも分からなくなっています。

本当は自分がやりたいことがあって、それを自分で決定出来る。

そんな繰り返しに幸福感、満足感を感じるはずです。

自分が決められるのです。

実はそんなに難しいことではありませんが、意外と出来ない人の方が多いです。

一般的な場合は経済的な不安からくることが多いのでは無いでしょうか。

そんな一般的な中でも、日々のちっちゃなことから自分で決定していく習慣を付けていくと、段々と慣れてきます。

意外と出来るじゃん、自分、て。

そうなってくるとなんか自由で幸せだなぁと感じるようにもっとなってきました。

自由である。

自分で決定出来る。

とっても幸せです。

-教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

子育てはちゃんとしながらも、親がしっかりし過ぎない。

子育て。 当たり前ですが、一生懸命にやることが多いでしょう。 でもやり過ぎも教育上よく無いです。 親が完璧過ぎると子供達は息苦しくなってしまいます。 完全にだらしないことは勿論ダメですが、完璧に隙の無 …

キラキラ。

今年のクリスマスもみんなキラキラしてたなぁ。 いくつになってもワクワク、ドキドキを忘れないでキラキラしていようね。

no image

子育てって楽しい!子供の時は出来る感情の剥き出し。それも大切。

やっぱり子育てって楽しい。 何が楽しいって、何もしていません、眺めていたり、ちょっかい出したり、遊びに付き合ってもらったり。 面倒を見ていると言うよりも、面倒を見てもらっている感じ。 子供達の夏休みも …

no image

子育ては絶対に叩かない。過去の自分に反省、暴力では良いことは何も育たない。

長男がもうすぐ11歳になる今日この頃、父としての自分ももう11年になります。 そんな年月が経ってもずっと後悔が止まないことは、子育てに必死で子供が幼い時に何度も叩いてしまったこと。 圧倒的に弱い立場の …

見守り力が大切、信じて待つ!

人を育てるには信じて待つことも大切。 ついついガミガミ行ってしまいがちですが、頑張っていることの成果が目に見えてくるには時間がかかる。 だから、しっかりと教えた後は待ってみよう。 結果が出ないと不安に …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細