スポンサーリンク

添加物いっぱいのノンアルコールビールも飲み過ぎ注意!!

スポンサーリンク
①健康
スポンサーリンク

年々健康意識、飲酒運転撲滅の意識が高まるなか、以前は存在すらしなかったノンアルコールビールという商品の種類が多くなって来ました。

スーパーのアルコール売り場の端にこんなにもズラッと並んでいます。

大手ビールメーカー全社でノンアルコールビールを出しています。

また、ビールテイストだけではなく、カクテルテイスト、サワーテイスト、今人気のハイボールテイストまで出て来ました。

確かにお酒っぽくてノンアルコールの商品はお世話になり易い世の中になりました。

よくニュースで見る事件・トラブルもお酒がらみがとても多くなりました。

酔いのお陰で人生が悪い方向に急展開してしまった事例が絶えません、これらを見て他人事と思うのか、それとも明日は我が身として危機管理をするのか、個人差はあると思いますが、やっぱりそもそもお酒を飲むことのメリットは思ったよりも少なく、デメリット・リスクが大きい。

お酒の力を借りて正常な判断力を損なうこと自体、よく考えれば普通では無いことです。

散々お酒を飲み過ぎて来ましたが、大きな失敗も無く今まで来れたこと自体がラッキー、今後のリスクを無くす、人生を台無しにしないために本来はお酒を断つ方が安全だと思います。

そんなトラブル面のリスク以外にも、お酒はもちろん健康リスクがあります。

少し嗜む程度でしたら良いですが、適量を越えると健康リスクが増大します。

この適量をネットで調べると本当に少ない量で、そんなだったらいっそのことお酒はやめてしまった方が良いくらいです。

お酒は酔うから楽しい・美味しい訳で、酔うこと自体にリスクを感じていながら適量を保つって面白くありません。

だから断酒まで行かなくても、そもそもほとんど飲まないことにして、付き合いで乾杯くらいの場面で口をつける程度としたら気持ちも楽です。

そんな風にしていると、一人の時になんかスッキリお酒を飲みたい気分の時はノンアルコールビールで十分になって来ます。

最近のノンアルコールビールはのど越しも良くなって来て、一杯目のビールの美味しさがそこそこ再現されています。

ただ、ここで注意しなければいけないことはノンアルコールだからって飲み過ぎてはいけない事です。

ノンアルコールビールの原材料名を見れば一目瞭然。

そもそもお酒のビールを不自然にノンアルコールにして味を近寄せた商品です。

無理に寄せた食品は結局、食品添加物がたくさん入っていて、甘味料を中心にカタカナの怪しい添加物かほとんどの商品で入っています。

ではお酒のビールはどうか言うと原材料の欄はシンプルです。

アルコールを摂取するか?

それとも添加物を摂取するか??

健康管理面で考えるとどちらも良くないと言う結論です。

それでもノンアルコールビールを飲むメリットは、アルコールビールを飲み過ぎないためのフェイク。

フェイクはフェイクです。

誤魔化しが本質的に良いことはありません。

だから、お酒も飲み過ぎてはいけない、ノンアルコールビールも飲み過ぎてはいけない、ちゃんとそう認識した方が良いです。

お酒を飲み過ぎないで健康管理をしようとして、添加物がたくさん入ったノンアルコールビールをたくさん飲む、習慣的に飲むようになっては添加物に体が毒されて行き、せっかくお酒を飲み過ぎない生活が出来ても健康管理としてはNGです。

お酒の飲み過ぎも注意、ノンアルコールビールも飲み過ぎ注意、結局はどちらもほとんど飲まない生活に慣れた方が良いと思います。

①健康
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぎぶをフォローする
スポンサーリンク
"Give" blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました