Going my way

海に行っていると花粉皮膚炎が治る。サーフィンで遊びながら健康、皮膚が強くなります。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
とと(父ちゃん)として4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のアラフォー会社員。 小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。 目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人になりたい。
詳しいプロフィールはこちら

今年の花粉はキツイ。

鼻水は早々に大丈夫になったのですが、皮膚炎が特に今年はひどいです。

花粉皮膚炎ってやつみたいです。

毎年この時期になると、オデコやら、ほお骨あたりやら、目の周りが荒れてくるなぁ、と思っていたら原因は花粉です。

ようやく原因が分かりました。

薬を塗っても追いつかないくらいに悪化しています、顔が傷だらけみたいに、赤く少し腫れ上がったりして、とても目立ちます。

オデコ、ほお骨周り、目の周り、口の周り、首、ここら辺が真っ赤になって荒れています。

ワセリンとかヒルドイドクリームとか塗っても追いつかないです。

過去を振り返るとひどい年と、そんなにひどくない年があるように思います。

その違いは、1年で1番寒い2月中旬から3月いっぱいまでも、ちゃんと海に行っているかどうかだと考えています。

12月、1月、2月と真冬もちゃんと海に行き続ける事で、皮膚が強い状態で保たれるんだと思います。

この効果は、アトピーで悩んでいた10代の頃、ボディボードにハマって海に良く行っていたら始めて治ってしまった経験から信じています。

だからこの花粉皮膚炎も海に良く入っていれば、そんなにひどくならないと思います。

かなり花粉皮膚炎がひどくなっている状態でしたが、思い切って久し振りの海に行きました。

そうしたところ、荒れたり、引っ掻いたりしている部分に海水がしみる。

とにかくしみて痛い…。

ですが我慢してサーフィンを続けているうちに、痛みは薄らいで慣れてきました。

でも家に帰って鏡を見たら、荒れていた部分の赤さが更にひどくなって、家族もびっくりの、真っ赤っか状態。

しゃーないね、ここまできたらショック療法の領域です。

海上がりはちゃんと保湿、ワセリンを塗って帽子を被って、コンタクトからメガネにチェンジ。

海水で肌自体を強めて、帽子メガネで花粉を防御、そしてちゃんと保湿、お薬を塗って改善を目指します。

毎年忘れがちですが、1番サボり易い1、2月も海を入って花粉皮膚炎にならない、花粉に負けない体作りをしたいと思います。

今年は負けた、、、来年は負けないように事前準備を頑張ろう!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
とと(父ちゃん)として4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のアラフォー会社員。 小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。 目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人になりたい。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ととの平和研究室 , 2019 All Rights Reserved.