健康管理

洋服と健康の関係性。健康を害してからお薬を買うのも、健康を維持するために好きな服を買うのも費用は一緒。

投稿日:

洋服が健康に一役買うであろうと言うお話。

洋服って、豊かになった現代人にとっては暑さ寒さを凌ぐためのものだけでは無くなっています。

相手への敬意、マナーであったり、自分へのモチベーションアップであったり、生きていくための服では無くて、より自分らしく生きるためのツールになっています。

洋服がもたらしてくれる精神的な影響は思っている以上に大きいと思います。

例えばサイズ感。

価格面でいつもより背伸びをして、本当に気に入った服を買う。

そうするとそれをカッコよく着こなしたいが為にスタイルを維持、改善するモチベーションになる。

お値段が安い物であれば、諦めがちですが、それなりにお高い物であれば、諦めきれなくなります。

そこがポイント。

ベストな体型を目指す、そしてそれを維持したいと言う思いが働きます。

そうすると生活習慣を正します。

今までの習慣で変わらなければ、更に良い習慣に改善されます。

結果、健康的な生活を送り続ける引力になる。

それに本当に気に入った服を着ていると、気持ちが前向きになりますし、いつもより自信を持てて、その服を着ている間とてま気分が良いものです。

そんな精神的な部分にも良い影響を与えてくれます。

結果、心も体も健康でいられる方向へ誘導してくれる。

お値段ばかり気にして、健康を害して病院代がかかるくらいなら、本当に気に入った洋服を着て病院代がかからない方がお得です。

直接的ではありませんが、お金の使い方、健康への導線はいろんなところで繋がっていると言う価値観が大切だと思います。

だから自分が心も体も健康でいられる洋服を着ていたいです。

-健康管理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

健康は三本柱を整えないとダメ。睡眠、食事、運動のバランスが大切。皮膚炎がなかなか治らない。

花粉皮膚炎からそのままアトピー性皮膚炎になっている感じで、なかなかお肌の調子が良くなりません。 ずっとアトピー性皮膚炎とか諸々の調子が良かった時期を思い返すと、健康の三本柱がちゃんとバランス良く保てて …

no image

心臓に負担をかけないためにベスト体重を維持する。不整脈対策。

持病で不整脈があります。 たぶん二十代の過労が原因です。 三十過ぎにカテーテルで心臓を焼く手術をして、まだ治らなかったのでもう一度、二回目の手術をする手術台の上で不整脈が出なくなり、手術をしないで経過 …

主食に焼き芋、デザートに焼き芋で快便快腸快調!!

食事を終えた後にちょっと物足りないなぁ、なんか甘いものが食べたいなぁ、そんな時にしっかり焼き芋を食べる。 ご飯やパンの代わりとしてお腹に溜まる主食にもなり、デザート代わりにもなる。 食後に焼き芋1本も …

no image

筋トレ。

健康の三本柱、睡眠と食事と運動。 運動だけは放っておいて欲求が出るものではありません。 睡眠と食事は勝手に欲求が出るものなので、生活習慣を作り易い。 でも運動だけそうはいきません。 この運動をしたくな …

生活リズムが大切。

人間って習慣に流され易い生き物です。 既に習慣化されたことは、何の無理も無く出来てしまうようになりますし、逆に習慣が崩れると直ぐに出来ていたことが出来なくなってしまいます。 健康のために必要な睡眠、食 …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細