スポンサーリンク

沈黙を守る!ファシリテーターは参加者から意見が出ているならば徹底的に人の話を聞く。止まれば話を名指しで振る。たくさん喋ってスッキリしてもらって最後だけ締める。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

会議とか研修だけでなく、ちょっとした食事会、飲み会でもファシリテーターになる場面であると思います。

ただそれをファシリテーションしていると認識していないだけで日常には意外と身近にあります。

その場のみんなを楽しませようとしたら、火種となる簡単な質問を用意して、その質問で他者がたくさん語り始めたらひたすら沈黙を守る。

長過ぎたり、話をしている人以外の人があまり興味無さそうであれば、ちょうど良さそうなタイミングで流れを変える質問をもう一つ追加で投げる。

その繰り返し。

その間、ファシリテーターは笑顔で話を聞いて、頷いていれば良い。

収集が付かなそうになったら締めの方向に持っていく言葉をハッキリと放り込む。

焚き火の木材のように、簡単な質問の材料をたまに放り込むだけで、あとはひたすら笑顔沈黙。

自分はほとんど喋らず、意見を言わず、参加者はなんか満足して終わる。

そもそも人は他人の話なんか聞いちゃいない、喋りたいだけだ。

そうと分かっているのに、自分は聞かれてもいない自分のことを喋ってしまっていることに気がつくことがよくあります。

相手にはどうでも良いことなのに。

分かっていても意外と実践しきれないものです。

聞かれた時以外はベラベラと自分のことを喋らないようになりたいものです。

もっともっと相手の話を聞けるようになろう!

②趣味
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぎぶをフォローする
スポンサーリンク
"Give" blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました