MENU
ぎぶ
4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年夫婦らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

気遣い、優しさ、思いやり、人を大切にすると自分も大切にされるよ!

父ちゃんと母ちゃんは末っ子三女がお昼寝するタイミングを図っていつもカフェでお茶しています。

毎週末の定番なのでみんな知っての通りです。

今週末、よく行くショッピングモールにあるカフェにベビーカーで寝ている末っ子を連れて行ったところ、空席はあるものの、店内が狭い作りなので夫婦2人とベビーカーはどうにも入りそうに無い。

何度も店内席をのぞいていて、ダメそうなので諦めて他のお店に行こうとお店の外で考えていたところ、店員さんが外まで追いかけてきて、狭いですけども席を作ったので見てくださいと。

店内に戻って席を見ると、既に座っていたお客さんに声をかけてくれたようで、狭くてちょっと無理やり感はあったけれど、ちゃんとベビーカーが置けて大人2人が座れる席が作られていました。

諦めて帰ろうとしていたのでとてもびっくり。

感じたのは商売っ気を出して席を作った訳ではなくて、純粋に小さな子供連れで困っていた夫婦への気遣い、優しさ、思いやりから実際に行動に移してくれた気がしたとっても素敵な一場面。

ここで何が大事かって、人を大切に思う気持ち。

人って大切にされて嫌な気持ちにはならない。

もちろん大切にしたのに当たり前のようにする人もいる。

でもそれはそれ、見返りは求めちゃダメ。

人を大切にしていること自体を自分の幸せと思う気持ちが大切。

そうしていれば必ず巡り巡って自分も大切にされます。

世の中ってそういうもの。

気持ちもお金も一緒、世の中で循環しているんだ。

目先のことを考えて欲張っても大切にされる気持ちもお金も大して手に入らない。

取りに行くのではなくて、与えるから循環して自分にいつか返ってくる。

本当に必要なものってそうやって巡っていく訳だ。

だから純粋に相手を気遣って、優しくして、思いやりをたくさん与える。

与えている状態が既に人として幸福な状態なんだ。

まだ小学生だけど、みんなは何となく気がついているよね。

何となく気付いていそうだなぁって父ちゃんは思っている。

そう思わせてくれる場面がみんなにはあるよ。

このことをこれからの長いようであっという間の人生で試して実感してみて欲しい。

直ぐに分かることでは無いけれど、そのうち確信持てるようになるから。

早く気が付けば気が付いたほどに幸せな時間が増えるから、いろいろ実験してみてね。

見返りを求めないで淡々と普通に人を大切にする生き方をするだけ。

駄々それだけ。

特別なことをする必要もない、とっても小さなことでも良い、困った人や寂しそうな人にちょっと声をかけてあげる、いつもより優しい笑顔を作ってあげる、そもそもいつも楽しそうで幸せそうな自分でいる、そんなちょっとしたことで良い。

そんな心持ちの積み重ね。

幸せを稼ぐのも、お金を稼ぐのも将来への投資が大切。

忘れた頃に、または知らず知らずのうちに大きくなって返ってくるようなもののようだよ、世の中って。

だから人を大切にして、相手に平和で幸せな気持ちのタネを配っていこう。

ギブ(与える)、ギブ(与える)で一人でも多くの人に優しさを配ろう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年夫婦らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

コメント

コメントする

目次
閉じる