比べて分かった、やっぱりダメだパンの食べ過ぎ!!

趣味
スポンサーリンク

当たり前でしたがパンの食べ過ぎは体に良くなさそうです。

元々は圧倒的なご飯派でしたが歳を重ねるごとにご飯を食べる食生活は太ってどうしようもなかったのでご飯中心の食生活をやめました。

前提として極端にハマる、ハマりたいタイプなので適度な量にするという大人な考えは今のところありません。

ご飯中心をやめたら確かに太ることはだいぶ抑えられました、ご飯だけでは無くて麺類も同じ。

パスタ、うどんなんて食べ過ぎていたら太るし、血糖値スパイクで直ぐに眠くなります。

パスタやうどんをたらふく食べた後、どうにも耐えられない位の睡魔に襲われたことありませんか?

これが血糖値スパイクっぽいです。

食べたもの、量に対して体が感じる変化はちゃんと意識して反応を理解しておくと納得のいく結果になります。

良くも悪くもです。

そんなご飯&麺類を極力食べない食生活にしていて、その代わりで長年ハマった食べ物がパン。

パンを食べたいなんてほとんど思ったことが無かったのですが、かなりハマってしまいました。

とにかく美味しい。

その中でも体に良くなさそうな菓子パンや惣菜パンは出来るだけ避けてサンドイッチや食パン、その他素材がシンプルなパンを選んでいましたがどれも美味しくて食べ過ぎました。

結果、やっぱりパンも食べ過ぎたら太るし、消化不良でお腹を下したり、内臓がスッキリとしない感じが続いていました。

特にパンもやめて、たっぷりサラダとおかずだけの食生活を続けてみるとパンを食べている時との内臓のスッキリ感の違いをしっかりと感じることが出来ます。

ご飯やパスタ、うどんは食べ過ぎた時の体の変化が分かりやすかった印象ですが、サラダメインの食生活をやってみるとパンを食べまくっている時とそうでない時の体調のスッキリ感、快適度の違いに気がつくことが出来ました。

やっぱりパンも食べ過ぎはダメです。

適度な量で楽しめば良いのですが、なかなか食に関しては特に鈍感無頓着でしたので極端に食べまくる生活と、全く食べない生活で比べてみたことは長い目でみたら良かったと思います。

やるだけやってみて自分で腹落ちさせて、自分がやりたい気持ちとして健康的な食生活へ進歩していく。

無理して健康のために食べる、食べないを決める訳では無くて、食べたいものが健康的なものであると言う状態に持っていくことが大切だとも感じました。

少なくとも自分はそんな極端な体験を重ねてより快適、健康的な食生活になってきました。

パンは美味しいですが、食べ過ぎに要注意ですね。

かなり中毒性が高いと思いました。

趣味
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぎぶをフォローする
スポンサーリンク
"Give" blog(ぎぶログ)
タイトルとURLをコピーしました