読書

本で繋がる価値観(仕掛けスイッチ)

投稿日:2018年9月12日 更新日:

仕事のできる人、心が豊かな人など、尊敬出来る人は時折読書習慣や推薦図書を紹介してくれます。

読書習慣がなかった時には分からなかったですが、対面の言葉では伝わりにくいことが本で伝わることって多々あるのだなぁと日々思います。

相手のマインド、タイミングによって刺さり方は異なりますが、誰かに言われるよりも本という中立的な立ち位置だからこそ伝わることがあります。

だから相手の興味、関心に遠くなく、且つ平和的アプローチで表現されているの本があればおすすめすると各々に持ち合わせている『平和』への欲求が育つと思います。

それは平和へのやる気スイッチの仕掛けです。相手が平和で幸せになれば、自分も幸せです、誰も損はありません。

本で価値観を共有して、平和ベースの世の中が益々広がって欲しいです。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

致知6月号。読み始めて2ヵ月目。人間学を学びます。

致知の年間定期購読を初めて2ヵ月目。 2冊目となる6月号が送られてきました。 思った以上に内容が濃く、ボリュームがありますので、隙間時間を重ねて読み進めようと思います。 今月も人間学を学ぼう。

【読書】致知2020年1月号を読んで。やっぱり人間学は大切!毎月生きるヒントがあります!!やっぱりおすすめ。

致知、やっぱり良いです。 自己啓発や学習本を読んでいるばかりでは得られない、幸せに生きるために必要な情報がここにはあります。 年間購読を始めて半年以上。 毎月必ず、その時の自分の心に刺さる大切な言葉が …

【読書】『仕事の技法』田坂広志(講談社現代新書)を読んで。言葉にしにくい大切なことを分かりやすく噛み砕いた良書。

テーマは『言葉以外のメッセージ』を感じ取ること。 この一つの技法を身につけるだけで『仕事力』は圧倒的に高まる。 『仕事の技法』、この本は思ったよりも固くない、具体的なシーンを多用して、とても分かりやす …

【読書】『世界各地の暮らし マレーシアの暮らし』野田一郎(ポプラ社)を読んで。小学校の図書館で長女が借りてきてくれた本、思った以上にためになります!

『世界各地の暮らし マレーシアの暮らし』野田一郎(ポプラ社)を読みました。 読んだきっかけはマレーシアのクアラルンプールへ家族旅に行くことになったこと。 クアラルンプール行きを子供達に予告したら大盛り …

【読書】『こころのえ?ほん、夢はどうしてかなわないの?』大野正人(汐文社)を読んで。大切なことを思い出しました!

娘が小学校の図書館から借りてきてくれる「こころのえ?ほん」シリーズ。 どれもやっぱりいいです。 子供が読んでもいいし、大人にも是非読んでもらいたい本。 例外なく、今回読んだ「夢はどうしてかなわないの? …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細