断捨離

朝食を断つ。

投稿日:

ほぼ趣味の断捨離。

30代後半で朝食を断ちました。

食べれば年々太る、それに食べれば食べただけ疲れる。

そんなことに気が付いて、そもそも1日3食食べるという疑ったことのない習慣に疑問を持ちました。

断食、空腹時間を長く保ち、内臓を休めれば休めるほどに体調の維持がし易いことに気付き、一番断ち易い食事のタイミングを断ちました。

家族との団欒、仕事の会食、そんなコミュニケーションの場として1番断ち難いタイミングは夕食、その次に同じ理由で昼食。

一番、自分の都合だけ、自分だけで食事をするタイミングが朝食だったので、朝食を断ちました。

何かと忙しい朝、何かをやるにはとても捗る朝、この貴重な朝の時間が多くなって、1日の充実度が飛躍的に向上したことは思わぬ副産物でした。

日々のルーティーンを減らすことが体だけではなくて、気持ち的にもこんなに楽になるなんて思った以上に快適です。

朝食を食べる時間、考える時間、かかる費用、全て不要。

それでいて、前日の夕食から、翌日の昼食、または昼食も抜けば翌日の夕食までと空腹時間を長く保つようになったおかげで、体重の増加も抑えられて、体調管理もし易くなりました。

日々生きている中で本当に必要なのか、それともただ単に世間一般で勝手に作られた常識に囚われているだけなのか、一旦当たり前をリセットして物事を考えてみるといいと思います。

断つ、捨てる、離れる、無理なく適度に楽しみながら断捨離を進めて行くことで人生がますます心地良いものになっていきます。

断捨離を進めることで本当に必要なもの、大切なものに気付けるようになります。

本当に1日3食必要ですか?

-断捨離

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お菓子を断つ。

何とも断捨離は楽しい。 断捨離をすることで生活の充実度が増して、快適になっていく、心と体が軽くなる。 そんな中でこれも断捨離すると調子が良いなと思うのが、お菓子。 お菓子は楽しみでもありますが、結局は …

断捨離が趣味。

自分の趣味ってなんだろう? そう考えたときにふと自然に思いついたことが断捨離。 余計なものを絶ち、捨て、離れる。 シンプルでスッキリとすることが好き。 最小限のものを整理整頓して余計な考え事を減らすと …

たばこを断つ。

断捨離して良かったもの。 禁煙。 なかなかやめられないものですが、やめてみてメリットしか無い。 何でたばこなんて吸っていたのだろう? やめてみるとそう思います。 喫煙を断捨離することで自由が増えます。 …

他人の目から離れる。

余計な物事を断捨離してより快適で充実した自分らしい生き方へ。 日々出てくる悩み事で多くの原因となることが『他人の目』。 世間一般の目や親からの目、友達からの目、仕事関係者の目、などなど。 他人の目を気 …

ご褒美を捨てる。

断捨離して良かったと思う日々の価値観の一つとして、ご褒美があります。 例えば、1ヶ月お仕事を頑張って、今日は給料日だからパァーっとお酒を飲みに行くとか、ダイエットを頑張ったから憧れのブランド服を買うと …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細