Going my way

朝活のために、夜早く帰る。夜は翌日のスタート準備時間。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
とと(父ちゃん)として4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のアラフォー会社員。 小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。 目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人になりたい。
詳しいプロフィールはこちら

早寝早起きで健康で充実した1日を日々過ごす。

そんなことを意識してから、いろんな良い変化があります。

その中でも、朝の時間の使い方が特に変わりました。

会社に行く時間に合わせて起床する、朝は外出するための支度だけで時間が終わっていましたが、朝に一番やりたいことをやってしまうようになりました。

お休みの日だったら、趣味のサーフィンに行ってしまう、仕事の日だったら、朝にブログの一つを書いてしまう、そんな生活になりました。

布団の中にいたり、家で何となくテレビを見ていただけの時間に、自分のやりたいことが一つ終わっている、そんな生活です。

やりたいことが一つ終わっているから、その日一日が充実した気持ちでスタートが切れます。

何にもしなかった、楽しいことがなかった、という日が無くなります。

最近では更に朝の時間の使い方を工夫していて、やりたいことにプラスして『場所』ということも状況に応じて加えてみました。

朝一でブログを書きたいと思って、自宅で書いていましたが、朝一でブログを書きたい、プラス、カフェ空間に行きたいをプラスして、早朝に外出してブログを書く場所を変えたりもしています。

半断食を始めて、朝食を食べなくなったので、朝の時間がまた増えました。

時間の使い方ってどんどん進化するもんですね。

その進化するポイントってやりたいことをやるっていうことだと思います。

やりたいことであれば、朝も起きれます、起きれるというか起きたいと思います。

朝早く起きたいと強く思うと、翌朝スッキリ起きるために早く寝ようと思うようになってきます。

そうすると夜早くに帰宅するようになります。

今思うと、夜やっていることって、思っていたよりも要らないことばかり。

行かなくてもいい飲み会、やらなくてもいい残業、見なくてもいいテレビ、実は役に立たない雑誌、そんなことに夜の時間を使っていました。

その夜の時間って、1日の終わりの時間と思いがちですが、実はそれって大切な翌朝の時間を前借りしているだけなんだと気が付きました。

無駄なことに夜の時間を費やすから、翌朝起きれない、仕事に行くギリギリまで寝ている。

前日の夜に無駄にしていた時間を全て削除し、睡眠に充てればスッキリ早朝に起きることが出来ます。

だから夜早く帰ることが、1日を充実させるために必要なんです。

人生をより充実させるために大切なことなんです。

自分はそう気が付きました。

夜は1日の終わりでは無くて、翌日への準備として次の日が始まっているのです。

夜に無駄なことをしないで、早く帰ろう、そして早く寝よう、そして翌朝スッキリ体力全快で早く起きよう。

心身ともに健康です。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
とと(父ちゃん)として4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のアラフォー会社員。 小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。 目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人になりたい。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ととの平和研究室 , 2019 All Rights Reserved.