ファッション

服の数を最小限にしたら気持ちも軽くなりました。

投稿日:

たぶん今が過去最高に洋服の数が少ないです。

かと言って全く不自由はありません。

色々試して中身を変えていって、ようやく固まって来ました。

先ずは、全てが自分の本当に決まっているものになりました。

どれを選んでもその日1日の気分は上がります。

ちゃんと今の自分が満足する程度に上質なものを揃えています。

それに全てジャンル、方向性が定まっています。

そもそも最小限の数にしたいので、ブランドは揃えてしまった方が勝手が良いです。

ブランドも揃えますし、使う色も基本を揃えました。

また形も基本を決めています。

ベルトや靴も最小限。

色形のルールを決めておくととても便利です。

どれを組み合わせてもマッチするので、持っているアイテム数の割にはたくさんのバリエーションがあるように見えます。

こうする上で、ポイントだったのが、もし必要な物があれば、その時に買えば良いという価値観。

ここが一番大切。

ひょっとしたら必要になるかも知れないという無駄な不安感がアイテム数を増やします。

あとは本当に着たい服は何なのか、自分をよく知ること。

金額、値段に惑わされて、安物買いをして方向を見失うことが非常に多い罠です。

大体これでお得なつもりになって、物がたくさん増えて、結局はお金も浪費しています。

それなのに自己満足感は低い、とても無駄なスパイラルです。

こうして洋服のアイテム数を最小限にしたら、とても心に余裕が出来ました。

何を選んでも楽しい1日になるし、コーディネートを選ぶ迷いもかなり少なくなりました。

一通り、必要最低限のアイテムが揃って仕舞えば、良いものは長持ちするのでお金持ちかかりません。

何よりも気持ちがスッキリ軽くなった感じです、それが毎日なので本当に快適。

持っていなくて必要な物が出ればその時に買えば良いと決めてしまうと気持ちが楽になりました。

体は一つなので、そんなにたくさんのアイテムは要りませんでした。

数では満たされないと気が付きました。

-ファッション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

革製品で一番のおすすめ店は大峡製鞄(おおばせいほう)!!初カバンはスリムオーバーナイト(黒色のサンタクローチェ・ヌーヴォ)、二つ目はソフト・ビジネス(黒色のジャーマン・シュリンク)、長年使ってみても間違い無しで大満足!

30歳頃から日本製の革製品にハマる時期がありました。 日本製で優良なお店は多々あって、その中でも最終的に辿り着いたのが大峡製鞄。気に入った理由はブランドロゴが入っておらず、圧倒的な上質感なのにブランド …

とにかく軽くて暖かいセオリーメンズのダウンジャケット、ブランドアピール無しが大人でも着易い!!

30代からハマったメンズのセオリー。 評判は賛否両論ありながらも、長年着ていて全く飽きませんし、日々快適です。 今回追加購入したアイテムはダウンジャケット。 ダウンジャケット、ダウンコートと真冬用のダ …

アラフォーになって全く着なくなった服『ロンハーマン』。おっちゃんが着こなすのは難しかった。結局きれい目カジュアルのセオリーに戻りました。Theory(MEN)

紙袋を探していたら出て来たロンハーマンの紙袋。 そう言えば、これをよく来ていた時期があったなぁと思い出しました。 思い出しましたが、そんなに昔の話ではありません。 つい1年前くらいまで着ていました。 …

スーツのポケットに入れてもかさばらない薄手のハンカチはユニクロがおすすめ。税別390円

社会人になって10年以上、ビジネスマンとしての身だしなみとしてちゃんとハンカチを持ち歩く。 スーツのどこに入れたら良いかと考えると、結局スラックスの後ろポケット。 でも難点が。。。 嵩張るんです。 何 …

仕事用でブルックスブラザーズ(BROOKS BROTHERS)のメンズスーツを着始めて2年目。生地、着心地、評価評判はどう?細身スーツのミラノ。パーソナルオーダーと既製品の比較。価格は高い!?サイズ感はとても大切なので絶対にパーソナルオーダーがおすすめ。男を上げる鉄板ビジネススーツ!

尊敬する上司が以前よく着ていたと聞くことが多かった、ブルックスブラザーズのスーツ。 若い頃は正直、ブルックスブラザーズっておじさんが良く着ている服でしょ?って自分には関係ないブランドだと思っていました …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細