Going my way

時間を買う、グリーン車で快適に移動。苦痛な時間を有意義な時間に変換。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
とと(父ちゃん)として4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のアラフォー会社員。 小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。 目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人になりたい。
詳しいプロフィールはこちら

お金の使い道は「時間」しかないと思っています。

例え買った対象がモノであってもです。

自分にとってどんな効果があるのかを考えてお金を使うようになりました。

そうすると、その場しのぎの快楽的なお酒を飲まなくなりましたし、セールでお得という理由だけに惑わされた洋服も買わなくなりましたし、体に良くないジャンクな食事も減りました。

その使ったお金で、自分にどんな効果があるのか、どんな時間が過ごせるのか、どんな時間が将来に見えるのか、そんなことを考えたら、自分の無駄の多さに気が付きました。

それと同時に、単なる数字である金額が判断基準になって、高い安いを判断している自分にも気が付きました。

例えば移動。

目的地に行くことだけを考えて、1番安く移動する。

そうでは無くて、その移動する時間をどうしたいか?を考える。

辛い移動をするくらいなら、お金少し多く払って快適で楽しいと思える移動に変換する。

ここにお金を意味、価値があると思います。

あとは程度問題、自分の身の丈からかけ離れた金額をかけ過ぎてしまえば、不安や後ろめたさから、快適感は逆に下がることもあります。

ちょうど自分が快適で楽しいと思える時間を、それなりの金額で買う。

電車で言えば、いつもグリーン車に乗れば良いという訳ではありません、グリーン車でも普通車でもどちらでも良い場面は、普通車に乗れば良いと思います。

ただ、何かに集中したいだとか、人混みが強いストレスに感じる時はちょっと費用を追加してグリーン車を使った方が良いと思います。

考え方、価値観の問題で、時間を買うと考えて、無駄なものを排除していくと、支払額は意外と変わらないものです。

お金を使う先が変わっただけ。

それなのに今までよりも、もっと快適で楽しい毎日が送れます。

自分の中で「時間」の価値を上げることが大切です。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
とと(父ちゃん)として4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のアラフォー会社員。 小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。 目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人になりたい。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ととの平和研究室 , 2019 All Rights Reserved.