Going my way

早寝早起き、仕事中の夕方に向けて眠い。1日を集中力高いまま過ごすために出来ることは?15時からの眠気対策。

2019/01/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
とと(父ちゃん)として4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のアラフォー会社員。 小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。 目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人になりたい。
詳しいプロフィールはこちら

早寝早起きを続けていますが、寒い冬、夜21時20分に就寝、朝4時50分に起床と睡眠時間をちゃんと確保出来ていても15時過ぎくらいから眠気を感じました。

完全に集中力が落ちている。

最近ちゃんと決まった時間に就寝すると、決まった時間より少し早めに目が覚めます。

スッキリとした状態で目が覚めるので、睡眠時間はしっかり足りています。

逆に早く寝過ぎなのかなぁ??とも思いつつ、7時間半確保は継続しています。

ちょっと早く目が覚めているせいで、15時頃に眠気を感じてしまうのかも知れません。

ただ、早起きで朝の時間はかなり有効活用出来ており、1日の質はかなり高まっているので起床時間を遅くする予定は今の所ありません。

それとサーフィンをしたり、何かしら動いてちゃんと体も疲れているときは、7時間半をしっかり眠れているので、睡眠時間の確保も継続します。

そうすると何が出来そうか?

①眠気を感じた時に『食事』で乗り越える

飲む頻度を減らしたコーヒーをここで注入、またはナッツなどちょっとしたおやつを投入してみる。

こんなことを試してみようと思います。

先週も同じように15時頃に強い眠気を感じ、そんな時に頂き物のチョコレートを一粒食べたら定時までの残り2時間を集中力高く乗り越えられました。

ちょっとした『食事』も解決策かも知れません。

②ちゃんと『運動』で疲れて7時間半をしっかりと眠る

体の疲れ具合で7時間半しっかり眠れるか、早めに目が覚めてしまうかが違うと思います。

しっかり眠って、翌日に備えるために、前日しっかり体も疲れる必要がありそうです。

頭の疲れだけで、体が疲れていない時って結構あると思います。

仕事の日に激しい運動はなかなか出来ないと思いますが、通勤、昼食、外出、などなどちょっとした移動でもよく歩くようにしたり、エレベーターではなく階段を使ったり、直前は良くありませんが、就寝までに余裕があれば自宅で軽く筋トレをしてみたり、『運動』で睡眠の質を上げることも解決策になるかも知れません。

③『睡眠』の質を別の角度から更に高める

もっと睡眠の質を高められる要素はないか?

そんな時に思ったことが、自分はナイキのスポーツウェア上下で寝ていると言うこと。

これって当たり前ですが、眠る時の格好では無くて、運動するための格好です。

睡眠専用の格好ってパジャマですよね。

パジャマなんて格好悪くて、小学生の時から自宅で着たことがありません。

それに断捨離習慣がある中で、わざわざ睡眠専用の格好で無くても、動き易い快適な格好で使い古したスポーツウェアで寝れば、持ち物が増えないと思っていました。

ただ、正直ストレッチ感はあるとは言え、少しスリムなパンツ、フード付きの上着では睡眠の状態としてはベストではないのだろうと思っていました。

『睡眠』の質を格好という観点から高めてみることも解決策の1つになるかも知れません。

そんなことをしながら、早寝早起きを継続しつつ、1日を就寝まで集中力高く過ごせるようにこれからも試します。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
とと(父ちゃん)として4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のアラフォー会社員。 小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。 目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人になりたい。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ととの平和研究室 , 2019 All Rights Reserved.