断捨離

旧友と離れる。

投稿日:

断捨離でもっと自分らしく充実した人生へ。

その1つとして、旧友と離れること。

旧友を断つ訳でもなくて、捨てる訳でもなくて、離れる。

離れるだけだから、また近くことがあってもいい。

人はそもそも変化するもの、子供の頃は一緒に遊んでいたけれど、大きくなるに連れて好きなことが違って来たり、個性が出てくる。

また、経験で価値観にも差が出てくる。

昔あんなに仲が良かったのに、今は全く合わない。

少し寂しいことですが、とても自然なこと、ちゃんと成長しているということ。

自分らしく変化しているということ。

結婚する人もいれば、しない人もいる。

子供がいる人もいれば、いない人もいる、子供の年齢も違ったり、性別も違ったり、人数も違ったりすることでコミュニティも変わってくる。

仕事をするようになれば、その仕事の環境でも大きく人付き合いが変わってくる。

それが当たり前。

段々と昔仲が良かった人、いつも一緒にいた人と会う機会が減ることがある、それを少し寂しい気持ちもするけれど、その寂しい気持ちをスッと受け止めて旧友と離れることが自然。

無理に離れるのではなくて、無理や違和感を少しでも感じるのであれば、距離感を離してしまって良いということ。

これを離れないでいると、自分にとっても、相手にとっても負担になるだけ。

その離れて出来た時間がとても大切なポイント。

旧友と離れて新しく出来た時間が新しい出会いを生み、新しい成長を促す。

新しい発見があり、人生を豊かにするチャンスが増える。

人生で1番大切なものは時間、断捨離で生み出される最大のメリットは時間が生み出されること。

旧友と離れて、新しい出会いと新しい学びをたくさん得よう。

巡り巡って、また一旦離れていた旧友と一緒に過ごす時間が増える場合だってある。

大切なことは、今の自分の気持ちに正直でいること。

過去から一緒にいるからその惰性で一緒にいなければいけないということを止めなければいけない。

その時の自分を成長させて、たくさんの思い出も作ってくれた旧友に感謝と尊敬の気持ちを持って、時には離れなくてはいけないことを肝に銘じよう。

時間は過ぎてしまったら戻って来ない、だから旧友と離れることを受け入れよう。

また、一緒に過ごす時間が来るかも知れないし、来ないかも知れない、でもそれが自然。

それが当たり前の流れだと理解して、自分の気持ちと成長を受け入れていくと自分の知らない自分を知ることが出来て、気持ちが軽くなり、日々が充実し始めます。

いつもいつでも自分らしく生きるために旧友と離れることも大切な断捨離。

-断捨離

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

たばこを断つ。

断捨離して良かったもの。 禁煙。 なかなかやめられないものですが、やめてみてメリットしか無い。 何でたばこなんて吸っていたのだろう? やめてみるとそう思います。 喫煙を断捨離することで自由が増えます。 …

怒りを捨てる。

最近ちらほらとアンガーマネジメントとかアンガーコントロールとかと言うのは言葉を聞くようになった。 世間一般としも怒りが必要ない感情だと気が付き始めた。 そして、自分もその1人。 なんであんなに怒ってい …

他責を捨てる。

とっても気持ちが楽になる生き方。 他責の気持ちを捨てるとイライラすることが減ります。 全ては自分の責任、自分が変われば全てが変わる、でもどうしてもしょうがないこともある。 そんな時はしょうがない、そう …

白米から離れる。

ご飯大好きで育って来ました。 丼物、カレーライス、焼肉などタレ物にご飯、大好きです。 でも年々分かって来たのです、不調の原因の1つだと。 ご飯と言っても特に白米。 チャーハンであったり、玄米であったり …

後悔を捨てる。

断捨離をしてより快適で充実した毎日へ。 その1つ、『後悔』。 人間生きていれば後悔の1つや2つ、いや、もっとたくさんあるでしょう。 何であんなことをしてしまったのか、何であんなことを言ってしまったのか …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細