MENU
ぎぶ
4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年夫婦らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

日帰りで伊豆半島をぐるっと1周、子連れ旅。神奈川県から行き易い日帰り観光地、伊豆。

神奈川県民にとってとても馴染みのある伊豆半島。

箱根、熱海と近場もありますが、伊豆半島は静岡側の西伊豆、リゾート感たっぷりの南伊豆と奥が深いです。

泊まりで旅に行くにはちょっと予算が無い。

そんな時に伊豆半島、意外と日帰りで一周出来てしまいます。

ただし、ほぼ車は走りっぱなしです。

今回は最初に西伊豆方面。

箱根新道から三島、沼津方面に行き、そこから南下して明太パークに行って、土肥金山で金塊を触り、堂ヶ島で青の洞窟を眺める、そこから一気に南下して弓ヶ浜でのんびり砂浜遊び、そこから下田駅近くで定番の牛乳あんパンをゲットして、白浜を眺めて帰りました。

先ずは明太パーク、神奈川から1時間ちょいくらいで行けちゃいます。

道の駅が隣接されているので休憩ポイントとしてもおすすめ。

連休だったので、たくさんキャンピングカーと止まっているいて、ここで宿泊している人も多かったです。

道の駅のお隣にかねふくの明太パーク、この日は営業時間前に到着したので広々した駐車場でのんびり出来ました。

明太パークから車で20分くらい走るとあっという間に土肥金山。

目玉はトップ写真の金塊です。

直に触れます。

子供達へのお金の勉強の一環としても良いかなと。

入口はこんな感じです。

土肥金山の中に入るには入園料がかかります、また金探しの体験は追加料金です。

金探しの場所も通れましたが、大人的にはそんなに楽しそうでも無かったので入園だけでも良いかなって思いました。

子供はやってみたいと思います。

土肥金山の後は西伊豆を南下して堂ヶ島。

とっても綺麗な海、駐車場も無料です。

山を登って、ちょうど良いお散歩コース、子供達も外でのびのびと出来ます。

なかなか良い景色。

これが青の洞窟かな?

山を登るお散歩コースの途中に洞窟が見えます、何とも幻想的、

ここから一気に南伊豆、弓ヶ浜へ。

海水浴シーズン以外だとガラガラでとっても癒されます。

やっぱり良いなぁ弓ヶ浜。駐車場も海水浴シーズン以外は無料です。

子供達も楽しそうに走り回れます。

弓ヶ浜から下田方面に向かう途中に何やら美味しそうなパン屋さん。

お昼過ぎに行ったらほとんどパンは売り切れ、小さなお店で種類は少ないですがとっても美味しかったです。

大きいパンは頼めば切ってくれます。

パンでちょっと腹ごしらえして、東伊豆を北上。

この日は渋滞していたので下田駅前の無料足湯は立ち寄らず、いつも定番のおやつ、ハリスさんの牛乳あんパンをゲットしてドライブ。

和菓子のあんこと牛乳クリームが絶妙にマッチしてとっても美味しい。

伊豆の海を見ながら食べるからまた美味しい。

そのまま神奈川県へ帰りました。

海沿いを走って渋滞せずに帰るには下田辺りを12時台には出発した方が無難です。

海を見ないで帰っても良ければ伊豆ど真ん中を北上して箱根経由で神奈川に帰るのが渋滞を回避しやすくて無難です。

意外と西から東まで伊豆半島をぐるっと一周は1日でも行けちゃいます。

やっぱり良いね伊豆。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

コメント

コメントする

目次