既成概念に囚われず、着たい服を着れば良いかな。

スポンサーリンク

普通のサラリーマンです。

基本通りに毎日ビジネススーツを着ています。

何の疑いも無く着ています。

最近、思い立って会社とは全く関係の無いイベントに参加しました。

なりたい自分に近付けそうなイベント。

そうしたら、ビジネススーツを着ている人なんて四分の一も居たかどうかというくらいに少なかったです。

そもそも職種も多種多様になって、働き方も多様化、それに伴って着ている服も多様化しているのだなと感じました。

世間一般の既成概念が崩れているのに、毎日着ているのは本当に着たいのだか良く分からない物を着ています。

スーツ自体はそこそこ良質な物を気に入って毎日着ていましたが、それはフォーマル感のあるビジネススーツを着るという大前提の元にあります。

そもそもそれが最高に快適か、着たい服なのかという事。

そもそもこの既成概念で生きているということは、他人の目を気にして生きている証。

もちろんその場に相応しく無いくらいにはみ出てしまうとただの空気が読めない人、相手への配慮が無い人になってしまいます。

ここで今思っているのは、相手への敬意、配慮をした上でもっと自分らしい服を着て良いのでは無いかという事。

それが個性で、それで自己肯定感が高まってもっと尖った良い仕事が出来るのなら自分にとっても周囲にとっても良い話。

もしフリーで法人相手に仕事をするとしたらどんな格好をするか、してみたいか、そんな感覚でも良いのでは無いかと思います。

これからはもっと既成概念に囚われずに好きな服を着たら良いかな。

相手に不快な思いをさせないで、自分らしい服を着よう。

趣味
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぎぶをフォローする
スポンサーリンク
"Give" blog(ぎぶログ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました