断酒、禁酒、結局お酒は飲まない方が心も身体も健康的でした。。。好きだけど副作用有り。

趣味
スポンサーリンク

散々お酒を飲んでいたのに新型コロナウィルスに感染しないためにも免疫力を高く維持するように意識。

今まで以上に健康的な生活習慣をするように気を付けるようになりました。

その中でやってみた断酒、禁酒。

お酒を一切飲まない。

お酒を飲むと酔って気持ちもリラックス出来て楽しくなります。

でもやっぱりそれは「酔い」、本質的な「楽しさ」ではなくて意識感覚が正常で無くなって感じるものでした。

そのようなことにはやっぱりデメリットもあって、お酒を飲んでしまえば酔いが覚めるまでに時間がかかりますし、体の内部、内臓も酷使します。

酔いが覚めれば意外と心も身体も逆に疲れている状態になっていることに気がつきました。

これはお酒を1年近くやめてみて分かったこと。

心と身体の楽しさ、癒し、リラックスをお酒に求めてしまうと副作用があると言うこと。

もちろんお金も時間も使ってしまうというデメリットもあります。

だったら副作用のない心と身体のリラックスにお金も時間も使った方が余程健康的。

お酒を断って1年程度ですが、お酒が嫌いになった訳ではありません、またその副作用を受けても飲みたい時が来たらお酒を飲むかも知れません。

それでもお酒によって逆に心も身体も疲れてしまう副作用があることにしっかりと気が付けたことは今後の人生にとって大きなメリットになったと思います。

お酒を飲む前の状態まで完全に戻るまでの体力、時間、費用を考えても飲みたいと思えば飲む、それも飲むお酒の量が多くなればなるほどに回復は大変。

酔いで気分が上がった分、気持ちが下がることも多々あったと思います。

それは気持ちが下がったのではなくて、酔いで無理矢理気持ちが実態と異なって上がっただけ、まやかしで上がった分だけ落差を感じます。

それに体が疲れてしまった分、気持ちもスッキリと上がりにくいという心と身体のバランスもあります。

もちろん、仲間とともにお酒を飲んで楽しい時間を過ごすことも幸せな時間です。

でもお酒だけの付き合いであった人がその後何年も長い付き合いになっていないことが多いものだなと個人的には過去から今を振り返って感じました。

お酒以外でも気が合って一緒に過ごした人は長い付き合いになっていますが、一緒に飲み歩いただけの人は中々付き合いも続いていないと言うことは本質的には気の合う相手ではなかったのかも知れません。

短期間的には気持ちも上がり、人間関係の円滑油として良い機能をはたしますが、中長期的にみるとお酒がなくても問題はなかったのかなとも思います。

そこまでして毎日のようにお酒を飲んでいたのかと思うとなかなか心と体を酷使する生活を自ら好んで送っていたんだなと気が付けました。

お酒は好きでも副作用有り。

お酒はメリットも多いけれどデメリットも有る。

お酒否定派ではありませんが、実体験として健康面で言えば結局はお酒は飲まないに越したことはないのかなと思います。

お酒をやめるとしっかり酔っ払っていた自分の姿が恥ずかしく感じるようになってしまいました。。。

飲まないで居られるうちは健康的な生活習慣の基礎として、断酒、禁酒を続けておこうと思います。

趣味
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぎぶをフォローする
スポンサーリンク
"Give" blog(ぎぶログ)
タイトルとURLをコピーしました